2016/10/01

プラグチェック

来週の仕事の準備で調べ物をしていたのですが、理解力が足りなくて頭が膿んで来たので、FSZのメンテを少し。良い気晴らしです。


まだOH後一度も確認していない(笑)プラグをチェック。まぁ、空燃比計が付いていますし、排気音で何となく濃いか薄いかぐらいは分かるので....

左から1, 2, 3, 4番
1番は煤けており、アイドリングの濃さが影響しているようです。3番も少し煤けています。2, 4番はベストな状態かな。つまりV4の左バンクが煤けていて、右バンクが良好な状態。上手く分かれました。逆を返せば、同じキャブレターから供給される1, 2番と3, 4番が同一傾向なので、前後キャブレターのバランスは取れていると言う事です。

フルヴィアのV4エンジンは左右バンクでインテークもエグゾーストもマニホールド長が異なるため、このようなアンバランスが出るのです。


パーツクリーナーで洗浄後のプラグは何れも良い焼け具合。アイドリング以外の中速域までは良いようなので、アイドルスクリューを微調整して対応しました。

ついでに?ステアリングギアのバックラッシュを調整。


うちのステアリングギアボックスはセンター付近のギアが経年摩耗しており、あまりキツく調整すると、フルステア辺りでゴリゴリ感ででます。かと言って遊びを多く取れば、通常運転のステアリングフィールが悪化するので、この辺りの調整が微妙。

さぁ、また仕事の準備に戻ります...

0 件のコメント: