2007/02/27

またまた




が、不調です!
が、不調のような気がします!!

Kは今留守なのでこのページで報告しておきます!?

あっ、山に突っ込んでいったわけではありませんよ。

オートエアコンが不調?のような気がします!?!?!?!

今日の仕事帰り、職場を出てからずぅ〜っと渋滞。
そんな中、ふと寒さを感じる。
あれっ、ヒーター効いていないかも?!?!?
(水温計は80℃を超えています)
エアコンにしてみても、DEFにしてみても、HIにしてみても、、、、、
ファンが、回らなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。


マダマダサムイヒハアルノニイッタイドウシタライインダァーーーーー

って、前方不注意になりながら色々試みるも、、、、、、

…………………………………………………………………………………………

渋滞が解消し、普通の速度で流れ出すと、、、、、、、

動き出しましたよ !!!!!!
それもまた、すごい勢いで。
熱風、吹き出す、吹き出す。

こんなことって、あるんですかね???
また、接触不良、ってやつ??????

2007/02/26

ホームページの改装

を始めました。と言うのも、パソコン通信と呼ばれたころからniftyをプロバイダーに使ってきたのですが、何年も前にYahoo BBを使ってネット接続をしているため、これ以上niftyを続けるメリットが無くなってきたためです。だいたい、niftyでは迷惑メールは多いし、ホームページの容量の少ない。以前はフォーラムを活用していたのですが、それも無し。海外での接続もniftyを頼る必要性もなくなってきているし、とにかく利用料に見合うメリットは何もないと言うのが本音。

と言うわけで、近いうちにホームページは引越します。とは言え、メインはココのblogなので、実質上は何も変化無し。

新バージョンのトップページのみ下記にてご覧頂けます。
http://www.geocities.jp/k_en_e/

因に「en」はオランダ語で「and」のこと

2007/02/21

四方山話

スキーの写真、プロのカメラマンに撮っていただくと、
動画で十数万?ん十万?するそうなんですってね!!!!!!!!

今までにMプロに撮影してもらった、動画、静止画はどれだけあるのでしょうか?

感謝、感謝です。

2007/02/18

Cote d'Or

ベルギーで日本より幾らベルギーチョコが安いと言っても、GODIVAなどは特別な時しか手が出ない。比較的安価なレオニダスでもお土産用。実は普段はやっぱりCote d'Or。以前は19世紀後半から続くベルギーの名門チョコレートメーカーでしたが、経営難からKraftが買収。その後は一応昔ながらのレシピを守りつつ、庶民の味として確固たる地位を持っています。コイツは日本でもスーパーで買えたりしますが、輸入菓子はやっぱり高価。

クリスマスにDirkが送ってきてくれたチョコの中に入っていたCote d'OrのGiandujaを味わってみた。いつもはMelk(ミルクチョコ)やNoir de Noir(ブラックチョコ)など定番しか味わった事がなかったのですが、このGiandujaはなかなか旨い。やっぱりCote d'Orと言う感じ。

日本のクラフトでも生産販売してくれれば良いのになぁ....

因に、Cote d'OrのMelkでホットチョコレートを作るとメチャクチャ旨い(と思う)。
作り方は...
 マグカップ一杯の牛乳を電子レンジでチン(2-3分、結構熱め)
 適量のチョコをそのままカップに!
 スプーンで良くかき混ぜてチョコを溶かせば出来上がり
冬の寒い時期にはお勧めの一品。ベルギーのカフェではこの時期の定番ですよ。

C240Tから異音

左フロントの異音

に気付いたのはある日のこと。
信号待ちのあと発進すると、、、

前のクルマすごい音がする!!
電気自動車みたい!!!

って、呑気なことを思っていたら、何だか嫌な予感が。
「自分のクルマからしているかも!?」

で、Kが助手席に偶々乗った時に伝えると、、、
あれれ、助手席側の窓を開けるとすごい音してるよ!!!

それは、スキー出発前日夜のことでした。

応急処置をしてもらい、正式修理もしてもらい今は完璧な様子です。
クルマが軽くなった気がします。


アイドリング時のすごい振動

これに気付いたのは、寒くなり始めたある日のこと。
信号待ちで、
「このクルマって、こんなにうるさかったっけ?」
いままで信号待ちのとき、
「エンジン切れてない?」ってついついタコメーター確認してたんじゃなかったっけ?

Kに報告。
エンジンマウントやらがへたってきているとか???

これも、先日修理していただきました。

スゴイ!!!
またまた、静かなクルマに戻ってくれました。

よかった、よかった。

2007/02/17

エンジンマウント交換

先日、異音の出たベンツの左フロントハブをチェックしてもらうために馴染みのクルマ屋さんへ。

原因は恐らくベアリングコーンの収まり不良。と言うのもハブナットを締めなおした後に、三連休で長野を往復したせいで問題が無くなっていたみたい。それでもソコは素人整備、やっぱりハブナットは締め過ぎていたらしい。再度ベアリングにグリスを詰めなおして組み直して頂きました。

序でと言うわけでもないのですが(完全に序でです)、懸案だったエンジンマウントの交換をお願いしちゃいました。大体2.4LのV6エンジンでは、マウント周りのスペースが狭いのです。それに何と言ってもリフトがないと作業ができないので...

でも、これがなかなか大変。まぁ、だからお願いしたのですが(もちろん、お手伝いしました)...
まずは、上側の16Mのボルト。大体このボルトにアクセスするスペースが狭すぎ。でもそこはプロ。短めのラチェットを掛けてバールでコジッて簡単に緩めてくれました。このネジ、思ったより緩く締まっていたようで助かりました。これは何とかなりそうと言うことで本格的に作業開始。

右側(運転席側)は比較的簡単。16Mに続いて下側の13Mボルトを抜き、ミッションジャッキでエンジンを少し持ち上げるとマウントが取れました。外してみてビックリ。一山分ゴムが潰れています。新品と比較すると高さにして約15mm潰れていました。新品に交換して次は左側。でも、こちらが大変。

前側にはエアコンプレッサー本体があり、マウントが抜けません。後ろ側はステアリングロッドが邪魔をしている上、マウント直近に油圧パイプが。さぁ、どうする。取りあえず新品マウントをあてがって入るかどうか試してみる。

やっぱり無理。じゃぁ、ステアリングロッドのナックルを外してしまいましょうと言うことになりました。ロッド側の16Mナットを抜きハンマーで叩いてナックルを抜く。次にフレーム側の15Mナットを外してボルトを抜けばナックルが取れました。スペースができたところでマウントを右側と同じ要領で外す。でも、油圧パイプとスターターが邪魔して知恵の輪状態。色々と方向を変えていたらコロンっと外れました。

こちらのマウントは右側よりは潰れていない。約10mm弱潰れている感じ。で、問題は新品マウントがすんなり入るのか。ココは私の担当。再度、いろいろ向きを変えトライ。無理だ〜と思った次の瞬間、あれれ〜、いとも簡単に入っちゃいました。一体どうなっているのかやっている本人が良く分かりません。まぁ、はまったのだからOK。

外した部品を組み直して終了。試運転をしてみると、クルマが一層軽くなった感じ。気になっていた振動は皆無。購入時のフィーリングに戻りました。

あぁ、やっぱり二柱リフトは良いなぁ。って言ったら、最近は70万ぐらいで買えるよと。でもそこまで行ったらホントに修理工場になってしまう(笑)。今回は作業に忙しく画像無し。

2007/02/16

またまたBelgium beer


今日は晩酌。

Tちゃんに買ってきてもらったBOON GEUZEをまず一口。かなり酸味がキツい。さっぱり系かな?

ので、次はやっぱりDuvel。これはTakeちゃんからも頂き物。折角なので専用グラスで頂く。旨い!
今日はベルギーのボスから久々にメールが来て、半メールチャット状態だった。そのとき、やっぱりDuvelの話も出たので飲みたかったのだ。

Eはレーデマンスのカシス。一口貰ってみると、コレが旨い。やっぱりリーデマンスは旨い。

2007/02/15

燃費

Eの足、C240T

普段使い(通勤の足)では、約 9km/L

今回のスキーでは、約 11.6km/L


久々の10超えで、感動です!?

今シーズン初スキー

スキー馬鹿のK&Eも最近はあまりスキーに行けません。忙しかったり、雪がなかったり....

三連休と言うことで雪が少ないのは承知でスキーに出掛けました。いつものスキー仲間を集めて、いつもの宿にお世話になって。
気心の知れた仲間が集まれば、昼はスキー三昧、夜は宴会!


久々に撮影会も。



こちらは今回のベストショット。やっぱりプロカメラマンの腕のお陰?
腕の遅れが気になりますが、まぁ、こんなモンでしょう。しかし、体力落ちたなぁ....




                     プロカメラマンM氏撮影


内倒、手が下がる、スタンスが狭い、視線が近い……………………

分かってはいても、一度走り出すと・・・・・
人が多い、下がテカっている、疲れた………………………………

アレッ?いいわけしてる?!?!?!
そう、M氏のアドバイスの如く、チャレンジャーにならないと壁は越せない訳ですなっ(反省)

と言う訳で、1年ぶり?のスキーに行ってきました。

2月の3連休
みんなそのためにスケジュール調整していたか?(ちょっと言い過ぎ?!)のごとく、久々にそろいましたよ〜〜〜
総勢、お子ちゃまも入れて11名。東から西から。
直前でインフルエンザに罹患し、病院に強制収容されてしまったS先生。
残念でした。荷物が寂しげでしたよ!


1日目

朝7時半過ぎに出発。
途中、神戸チームと合流しお昼前にやぐら(乗鞍)に到着。
横浜チーム2名はもう既に午前滑走に出発!!
昼食、やぐらで合流。
(昼食・・・・・やっちゃいました、過食。美味し過ぎ。ウェップ””)
昼食後、いざ出発ゲレンデへ (^.^)/

14:00〜16:30までの2時間。
 あぁ〜昔のスキー合宿?を思い出す…………………………
 そうだよな〜〜〜今日は最強メンバーほぼ勢揃い。
下のリフトの場合、5分で上がり1分で降りる。6分で1本。
下から上のクワッドを乗り継いだ場合、20分で1本。
ガンバリマシタ、ゴゴノヒトトキ。

いやぁ〜普段、本当に運動をしない(いや、する時間がないだけです…笑)E。
筋肉もほとんどない体なのに、よく頑張りましたよ〜〜〜

夜の宴会も色々なお酒が集まり、楽しく過ごしました。


2日目

昨日と同じペースで、午前4時間、午後2時間半、滑りっぱなし。

何年か前の話、、、
このようなペースで滑っていた時に、我々暴走集団(滑っている当人は暴走のつもりはありません!! 自制内、自制内。周りから見ると・・・)がやってくると、ゲレンデのスキーヤー達は滑走路を空けて(避けて!? 退いて!? )くれてたそうです (^.^)  TM said


またまた、アフタースキーは、温泉と宴会三昧。


3日目

4時間券で滑りづめ。
しかし、本日は好天でもあり、途中からはMプロによる写真撮影会も。
(でも、滑りづめ @.@)

4時間ギリギリまでリフト券を使用し、今回のスキー合宿も終了



みなさん、宿を後にした後は、
そばやさんに大酒豪(<- ビックリした!! 意に反する変換。アッなんだ、入力ミスねっ ^.^; )
そう、そば屋さんに大集合!!!




こんなところに、こんな美味しいそばやさんがあったなんて!!!
さすが、Sちゃん (^.-)v

あぁー、滑った、呑んだ、食べた…………
楽しいスキーでした〜〜〜

2007/02/08

Minamoto Kitchoan

久しぶりにLeentjeからメールが来ました。何だろうと読んでみて、思わず吹き出してしまった。

金曜日に休みが取れたのでパリに行ってきたそうだ。ベルギーからパリまでは約350kmぐらいなのでクルマで3時間程度。ちょっとパリまでお出掛けなんて羨ましい。

で、ホテルに着いたら日本人観光客が居たそうです。すかさず彼らは「Good Hotel」と認識したとか。いわゆる日本人旅行者は結構良いホテルに泊まってますからねぇ。ルイ・ヴィトンの本店に行ってビックリ。「ここは何処? 日本?」と思ったそうで。K&EもS先生の引率で行った事がありますが、それはもう呆れましたから、これも納得。

極めつけは、源吉兆庵を見つけたとのこと。で、小豆のお菓子がおいしかったそうです。欧米人が苦手な和菓子に小豆の羊羹あるのですが、日本を体験した彼らには和菓子がいたく気に入ったようです。でも、その価格は日本でGODIVAのプラリネを買うようなもの。やっぱり日本の2-3倍ぐらいの価格らしい。結局どこも一緒ですね。

2007/02/06

Length of legs




ただいま画像整理中。

ある秋の日の京都 Bart & K

そう、後ろ姿からでも楽しそうな様子が………

では、なく、、、、、

どうして、同じくらいの身長なのに………………

2007/02/05

New YEAR PARTY Part 2

於 Y's Rotie

というわけで、月曜日から飲んでいます!!!

今回はフレンチで。
毎週ごちそうで、幸せです (*^.^*)

今日も、キャビアやらオマールやらフォアグラやらイベリコやら、、、、、
あぁ〜〜〜ご馳走だったんだ〜〜〜〜〜〜

でも、何より、久し振りにお友達とお話しできたことがとっても楽しく、幸せでした。

T先生、Y先生、Jちゃん、また誘って下さいね〜〜〜〜〜


ところで、明日、大丈夫なのかしら???

Duvel

Duvelと言ってもベルギー人ラリードライバーのDuvelじゃなくて、ビール(笑)。こんな事書いても知る人は僅か?
で、この銘柄がお気に入りなのはEが書いた通り。

ちょっとググって見たら、なんと日本語のページも有るんですねぇ。スゴい!
http://www.duvel.com/jp/

このビール、アルコール度数が8.5%なのでベルギーのカフェで飲んでも3ユーロぐらい取られるのですが、日本だとカナリ高い。酒税法の関係で価格が上がるのは分かるけど...

Duvelはちゃんと専用グラス(殆どのベルギービールが専用グラスを持っている)に注がないとダメ。細かい泡がグラスの上部でカチッと固まってから飲む。専用グラスはちゃんと底部に傷が付いていて、泡が絶え間なく登る仕組み。

アルコール度数が高いから、ゆっくり飲む。当然冷えていません。室温(20度前後)で。カフェでも大体1杯で30分ぐらい掛けます。泡が減ってきたら、グラスを回す。これがコツ。

あ〜、飲みたくなってきた〜。

2007/02/04

ブレーキ

Eからクレーム発生。強めにブレーキを踏むと鳴くとのこと。確かに右フロントから鳴いています。う〜ん、どうしよう。

年末の車検でブレーキOHしてもらったので、完璧なハズ。パッドの当たりかなぁ....

早速ジャッキアップしてチェックしてみる。やっぱり問題は無さそう。ついでにハブベアリング周りもチェック。こちらも問題は無し。

しょうがないので、パッドとキャリパーサポートの当たり面を清掃。
取りあえず、コレで軽減したようです。でも、何れパッドのカスが貯まれば音が出そうだなぁ。

スキー

数年前まで、冬と言えばスキーに明け暮れていました。仕事の合間を縫って日帰りや泊まりのスキーで、最低2週間ぐらいは滑っていたのですが、このところはトップシーズンに1、2回、春に1回と言う感じになってしまいました。まぁ、理由は忙しかったり、回数より楽しいスキーがしたかったり、体力不足だったりなんですが。

今シーズンもやっと我々のスキーシーズンとなりました。久々にスキー仲間が集まって滑ろうと。と言うわけで1年ぶり?のスキーメンテ。

エッジを研いで、ワキシング。ビンディングをグリスアップして....
半日潰れた(笑)。

2007/02/03

ビール

Eの記事に触発された?

普段は晩酌しないのですが、結構左利きかも(笑)。嫌いじゃないです。ハイ。

ベルギーから帰国して困った事の一つに、ベルギーの地のモノが手に入り難い事があります。ビールもその一つ。もちろん、最近はかなりの銘柄が輸入されていて、近所のスーパーにも売っているのですが、その価格は軒並みブリュッセルのカフェ価格。普段現地スーパーで購入していたから、約2〜3倍の値段。

ラボの連中と帰りにカフェによって、「エン、ピンチェ、アストブリーフ!」
これでステラが飲めます。喉が渇いた夏の夕方は特に旨かった〜。

2007/02/01

Belgian beer

ベルギーと言えば、、、
チョコレート、ビール、ワッフル…………
あれっ、食べ物ばかり!ほかにもたくさん、たくさんあるのですが、、、



チョコレートは、時折ベルギーより差し入れが。
ビールは、見付けると買込み時々飲んでいます。

ベルギービールを買う人ってそんなに居なさそうなのに、酒屋さんへ行くと前あったお気に入りの銘柄がなくなっていたりして、
あれっ!買う人もいるんだなぁ〜!って思うんですよね〜



右側のSTELLAは、K&Eの住んでいた街LEUVENのビール。








これらはランビックビールと分類されるもの。
空気中の自然酵母により発酵させられるビール。自然酵母を利用しているのでブリュッセル近郊でしか醸造されないそうです。
酸味があって軽い味わい。
一番上のFAROはとってもお気に入りでした。
あぁ〜〜〜飲みたいよ〜〜〜〜〜〜

お砂糖や果物が加えられてランビック系だけでも何種類も存在しています。





これは、ゴールデンエールのデュベル。
Kのお気に入りの一つ。



あれ、一つ足りないかも?
グランクリュが抜けてる?
フーハールデン、オランダ語は難しい、ヒューガルデンシリーズ。
白、はこれまたKのお気に入りの一つ。




これらはシネイシリーズ。ベルジャンエール。
あぁ〜思い出す。
アンの洞窟見学の帰りにカフェで飲んだシネイブロンド。
美味しかったよなぁ〜〜〜




トラピストビール、オルヴァルとシメイの一部。



レフの一部。
レフは全部で何種類あるんだろう?




K&Eの掲示板で見ず知らずのベルギー人よりご推薦のあった、デリリュウム。
これはトレメンス。

H市在住のT夫妻宅にお邪魔した際、ご近所の酒屋さんで偶々クリスマスを発見!
当然ご購入。またまたクリスマスも美味しかったですぅ。画像はまた後ほど。かわゆいですよん!!

このT夫妻もベルギービール好き。だよね…?
だって、グラスも数種揃えられてるんだもの…
そして、ご近所の酒屋さんには豊富にベルギービールが揃っているんですよ〜。
都会は良いですね〜〜〜
時折、買い出しを依頼してしまうK&E。
ご迷惑おかけいたします。




KWAKのグラスは個性派?ですよ〜
また、機会があったら画像をアップします。



トンゲルロ(トンゲロ?)は Leentje & Bart の住む街のビール。
我が家へ遊びにきてくれた時は、地ビールと地チーズの盛り合わせを差し入れしてくれました。




まだまだBelgian beerはたくさんあります。
あぁ〜キチンと画像に残しておけばよかった・・・