2015/01/25

K&Nフィルター清掃

1年に1度のクリーニング。前回がお正月休みだったので、間隔が1年以上になりますが....


何時ものように、ジャッキアップしてリアタイヤを外し、インナーフェンダーを外します。で、エアークリーナーボックスにアクセスできるようになって、簡単にフィルターが取り出せます。


まぁ、なかなか汚れていますが、エリーゼは所謂、像の鼻がエアクリボックスから垂れ下がっているので、以外に虫は少なく....


クリーナーを吹き付けて、水洗いしても、そんな酷いゴミは見当たりませんでした。

K&Nのコットンフィルターは水洗い後の乾燥が結構厄介なので、時間短縮のためにエアーを吹いて粗方の水気を飛ばし、ドライヤーで強制乾燥(笑)。

乾燥後は、オイルをコットンに染ませて、元通りに組み直すだけ。このオイルの量が多いと、エアフローセンサーユニットに良くないとも聞くので、適当に量を調節して....

まぁ、殆ど何の変化もありませんが、多少はスロットルピックアップが良くなるでしょうか。汚いより綺麗な方が精神的に良いのが一番大きな影響かも。

エリーゼのインナーフェンダーは内装留めのようなプラネジで留められているのですが、このプラスネジが潰れてきて....
取り外しには、精密マイナスドライバーを無理やり突っ込んで、引き上げながらプラスドライバーでプラネジを回すと言うやり方なのですが、プラスドライバーに力を掛けられないため、ネジが潰れると言うわけで。

で、サイズ的に使えそうなコレを近所のホームセンターで入手。


さすが、エーモンさん。純正より固めの素材でネジ山もやや大きく、簡単にプラスドライバーで回ります。ただ、ネジ込んだ時の先端の広がりが根元から広がるため、取り付けには少々タイトに。純正のように金属ワッシャーを挟むと、取り付けにコツが必要(力技とも言う)。金属ワッシャーを無しにすれば、軽量化に貢献(ごく僅かですが)。

十分使えそうな上、入手も簡単、安価とくれば、コレで代用するのもあり?

0 件のコメント: