2015/11/06

クラッチハウジングの修正

ベアリングを抜く際に欠けてしまったクラッチハウジングの修正をフヂイ社長がやってくれました。


アルミの溶接盛りをして、フライス加工。文章にするとそれだけですが、キチンと精度を出して、固定用の切り欠きを造るのは、なかなか面倒です。




バッチリ再生完了。因に、ココへ入れる新品ベアリングを国産品にするために、穴を僅かに広げています。

0 件のコメント: