2015/12/19

まだ使えるぞ〜

最近、iPhoneのバッテリーが保たなくなってきました。まぁ、それもそのハズ、iPhone 4Sですから(笑)。
それだけじゃなくて、以前からスリープボタンがお亡くなりなっていて、不便な時も....

こんな時には、そう、自分で直します(単に貧乏性とも言う)。修理方法はネットで検索すれば出てきますし、必要なパーツもオンラインで購入できますから。あとは、at your own riskを理解していればOK。


ネットの情報を確認しながら、作業に入りました。もちろん、老眼鏡は必須です(笑)。ネジ類が小さいだけに、無くさないように、また、どのネジか分かるようにバラしていって....

バッテリー交換だけなら5分も掛からないことが、良くわかりました。でも、スリープボタンを修復しようとすると、センサーケーブルを交換せねばならず、コレにアクセスするには殆ど全バラしないと無理。

まぁ、やりだしたら、行くところまで行くだけ。本当にバラバラになって行くと、元通りになるのかどうか一抹の不安も....


いろいろコツみたいなものがあって、多少難儀しましたが、40分程度で無事センサーケーブルが外れました。精密ドライバーで指し示している黒いポッチ(これがコンタクトスイッチ)がすっ飛んだために、スリープボタンが効かなくなっていたのです。コレ、良くあるトラブルとのこと。まぁ、だから、解体マニュアルも直ぐ見つかるし、パーツも見つかるのですが....


外した順を逆にたどれば元通りになるはず(笑)。なかなか新品ケーブルが馴染まず収まりが悪かったりして、取付けたメインボードを再度外したり....
それでも、最終的には何とか元通りに戻りました。

USBケーブルを繫ぐと、見覚えのあるリンゴマーク。取りあえず起動しているようです。暫くするとパスワードを要求されて、無事起動。でも、本当に使えるのかなぁ???

ミュージックを再生してみると、ちゃんと音が聞こえます。ボリュームもOK。タッチパネルも問題無い。通話は? Eの携帯に電話を掛けてみると普通に通話でき、着信も問題無し。

うん、動作テスト完了!

気になる中華製バッテリーは、へたりきった純正バッテリーよりはマシです。これまで、フル充電でかろうじて1日保っていたところが、2.5日保つようになりました。まぁ、微妙ですが....

中華製バッテリー&ケーブルが2500円程。これで、あと数年使えるかな(爆)

しっかし、老眼キツいよ〜。絶対マウスの膵島単離は無理だろうなぁ....(分かるヒトだけ分かる)

0 件のコメント: