2006/11/23

クーペ サス交換

足回りのリフレッシュをする事に。まだダンパーは使えそうだったけど先日サーキットを走ったらあまりのプアーさに....
と言ってもお金を掛けるのはポリシーに反する(?)し、結構純正のしなやかさも好きだったので、少し固めで車高が落ちればとネットで探してみました。

Coupe MLなどで、「モンメルがなかなか良い」と言われています。これはモンローのアブソーバーにメルベのスプリングを組み合わせることらしい。モンローは純正を買い替えるよりずっと安いし、これで試してみようと探してみました。が、メルベのスプリングがちょっと高くて断念。結果的にモンローのオリジナルにフィンテックのスプリングとなりました。


ノーマル車高。4X4 lookだと誰かが言ったけど、十分すぎるほどの隙間。

ジャッキアップしてウマを噛ませてタイヤを外す。先ずはリアから。スプリングコンプレッサーでバネを縮めて、スプリングストッパーを外したら簡単に外れました。フィンテックのスプリングは約4cm自由長が短いのでコンプレッサー無してはまりました(笑)。アブソーバーは、ホントに大丈夫だったので取りあえず交換せず(次回に見送り)。


フロントは知恵の輪状態でストラットを抜いて交換。こちらのアブソーバーは縮み側は問題なかったのですが、押し込んだら戻ってこない(笑)。シャフトに擦り傷もあるので迷わず交換。


確かに車高が下がりました。乗り味は、あすのお楽しみ....
なんだかんだで丸一日潰れてしまった(爆笑)。

0 件のコメント: