2008/03/20

一難去ってまた一難?

結局、Tメカニックに泣きついて取りに来て頂き、スポルトは日曜日にドナドナされて行きました....

それから僅か2日で連絡があり、ブレーキ周りのOHは終わったけど、別の問題が発覚。一難去ってまた一難、いや、二難か三難か。


交換したパーツ類


持ち込んだブレーキ周りストックパーツのうち、2個のマスターシリンダーOHキットは1個がシリーズ1用だったらしいのですが、もう一つが無事一致。しかし、マスターのカップは入っていてもフルードタンクのOリングが無く、幸いこの部分はシリーズ1用のキットから流用ができ事なきを得ました。ブレーキホースも外してみればヒビが入っており、寿命でした。これで暫くは、止まることに関して安心していられます。

で、問題とは、エンジンマウント、ミッションマウント、フロントスタビブッシュが完全に使い物にならなくなっていたのです。そのせいで、エンジンとミッションが傾き、ミッション下のメンバーに当たってメンバーが削れてしまっていたのです。


オイルを吸ってスポンジのように膨れ上がったエンジンマウント


ミッションマウントも膨張しているし、スタビブッシュは破れていました。幸いこれらのパーツはTメカニックがストックしており、交換して頂けました。ヨカッタ〜。

でも、工場に着いて、Tメカニックへの挨拶もソコソコのうちから、「Kさん、エラいことになっているから確認して」と。えっ、まだ問題有り? 横にいたEも「またお金が掛かるのか?」と心配顔。エラいことって、何だ?

運転席にTメカニックが乗り込み、私は助手席へ。すると、シフトブーツを捲って、「ココ、エラいことになっているでしょ」と。シフトロッドをサポートするケースが溶接盛りで修理した跡があり、ブッシュが抜けてしまってグラグラになっていたのです。通常このケースのみでパーツが出ることは少なく、ミッションを載せ換えるしか手が無さそうと言うことで、"大事"と判断されたのです。実際、現在ヤフオクに出ているミッションは120kぐらいの値段がついているし....

しかし、そのケース、持っているのですよ。私。実は、このスポルトを買った時、売り主から持っているスペアパーツ一式も一緒に引き取り、その中にケースがあったのです。恐らく前のオーナーも、問題を認識していてスペアを入手していたのでしょう。ただ、このケースも使い物になるのかどうか不明ですけど。

0 件のコメント: