2017/02/21

女神湖 ice drive 2017

先日、ふとFBを見ていると、女神湖氷上ドライブが急遽個人走行参加者を募集していました。なんでも、イベントのキャンセルが出たようで、個人向けに解放したもの。希望者が多い場合は抽選ということだったので、ダメ元で申し込んでみると、運良く参加できる事になりました。


前回の氷上ドライブは2015年なので、2年前。EのBMW F31で参加して、それなりにコントロールできるようになったのですが、やはり練習しないとネ。それに先日雪道の登りで上手く走れなかった原因も試せるチャンス。


しかし、前日は女神湖でも雨に降られたとのことで、当日のコンディションはNG。40cmぐらいの氷の上に雨水が溜まって、その表面が凍った状態。つまり、薄い氷が割れると下から水が上がって来る。その下には分厚い氷があるから、湖に落ちる心配は殆ど無いのですが、午前のみの半日練習になってしまいました。


と言う状況なので、これが良く滑る。雪があれば氷の上でも歩けるのですが、雪が殆どない。スケートリンクの上と変わらない感じです。時速10kmなら、ほぼ問題無く走れますが、それ以上では直ぐに滑ります。なので、良い練習になりました。

以下、覚え書き
DSCボタンをワンプッシュでDTCオン。この状態が一番走り易い。コーナーでは滑るものの、ある程度以上滑ると、電子制御で安定させ、エンジンパワーも制御してスピン回避。
しかし、スリッピーな発進では、これでもなかなか加速しない。そんな時はDSCボタンを長押ししてDTCもオフにする。この場合は滑り出そうがトラクションコントロールは無し。自分のアクセルコントロールとハンドルコントロールのみ(ABSは効きます)。なので、パワースライドが必要な定常円などでも有効に使えます。
結論的には、滑り易い路面の発進はDSC長押しで全解除、走り始めたらDSCを2回短く押してDTCオンモード(もしくはSport+モード)が、一番安全かつスムーズに走れそうです。ただし、下りはDSCには触れずにノーマルのままが一番安全かな。

半日の練習は、やっぱりちょっと物足りないので、良く冷え、少しだけ降雪のあった翌日は一般道で実践練習。ちょうど女神湖の外周道路は誰も走っておらず、綺麗なパウダースノー路面。やっぱり雪道は走り易いと実感。その後も、ビーナスラインを少し走ってスノードライブを満喫しました。


今回の練習で実感したのは、F31のバランスの良さと電子制御の賢さ。ある意味下手なドライビングをカバーしてしまうので、過信が問題。電子制御も破綻する程スピードを出せば、簡単にスピンしますから。と言う事で、雪道、氷道は安全運転に心がけるに限る、かな!

0 件のコメント: