2017/03/02

ラジエター修理完了

先日ドナドナされたFSZが戻ってきました!

完全にパンクした(と思われた)ラジエターは、フヂエン奥村メカニックの手で摘出されて、ラジエター屋さんへ。数日後には修理完了だったとのこと。


コアがパンクしたわけではなく、ロアタンクにロウ付けされたステー部分からの漏れだったそうです。


アッパータンク、コア、ロアタンクとも特に問題は無く、ステー部分を補強の板を付けてロウ付けし直してラジエター修理は完了。



では、ラジエターステー部分でなぜ漏れたのか。それは、ステー部分に負荷が掛かったからだろうと判断。その原因は


パーツリストの2番がアッパータンクをボディーに固定するパーツですが、純正ではメッシュの入ったラバー(マフラーハンガーラバーのようなもの)。しかし、うちのFSZは純正SolexキャブからWeberキャブに交換した際に、取り付け位置をずらす必要が出て来て金属ステーで取り付けました。この部分の固く固定された事で、真下のロアタンクステー部にクラックが入ったのでしょう。

そこで、金属ステーの取り付け部分にラバーを挟んで僅かに動くように対策をしてみました。


あとは元通りに組み戻され、冷却水を入れてエア抜きされ、以上終了。これで、これからのイベントに予定通り出掛けられます!

0 件のコメント: