2008/02/28

ドキドキ ワクワク ゆったり と・・・

暦の上ではもう春 のはずなのに、我が家の周辺では雪の日が続きます。

と言っても、雪国のようにひどいわけではないのですが、冷え込んだ朝晩は雪道素人の E にとっては毎回ドキドキものです。

そして、今朝は意外にも昨晩から降った雪が路面を白く覆っているではないですか !! 今は運悪くKのクーペは出家中。代車でお借りしているクルマは雪装備(ー)。雪装備(+)の C240T はKと争奪戦になるわけですが、Kの職場はこの近辺では雪深い?地方なので闘うまでもなく E は代車をお借りすることに。えっへっへ・・・今日は高速通勤も待っています。どんな1日になることやら。

先ず、ドキドキで始まった朝の通勤。
朝いち でKが偵察してくれた情報によると、轍はOK! そこからずれるとシャーベット。橋の上は凍っている・・・と。しかし、出勤時にはかなり路面の雪も融け、でもでも、超ー緊張モードで出勤。
・・・・・いつもの E からは想像もつかない安全運転・・・・・

お昼前には、かなり気温も上がり雪はスッカリ融け、大したことも起こらずに午前の部は終了しました。今から午後のシュミレーションです。 

1. ETCレーンには突っ込まないこと
2. ウインドウを閉めるのは、オートを使わずゆっくり上げる

うぅ〜ん、軽自動車での高速走行、天気はいいのでワクワクだぁ〜〜〜

で、始まった午後の部。

「えっうぇ〜〜〜〜〜〜っ」
太っ腹で窓を開け、通行券を取って、走り出したところが、、、窓閉まらないよ〜〜〜

右手で取った通行券、左手に持ち替え、その左手でハンドルを握り右手で窓の開閉操作。

し・ま・ら・な・い・よぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ

ナンデヤネン!!!

とりあえず、サービスに突っ込みKに電話。
しかし、言われた通りにやってみても、無理!!!
隣りに停車中のクルマは、怪しいと思ったのか居なくなってしまうし(涙)

「もう、空けたままで行くからいいよ!」

って、同じ体勢で走り始めると携帯が。

高速降りてから連絡しなおそ!

と思い走り出すも、あと少しなのに寒くなってきたのでパーキングへまたまた突っ込む。
Kに連絡し、言われた通りにチャレンジするも、無理!
またまた、隣りに停車中のクルマが出て行ってしまう(涙)

そんなに、怪しいかいワタシ!!

もう、ハラヲククリマシタ。シメヨウトハ オモイマセン。

同じ体勢のまま高速終了。
国道も窓開けっ放しで走行。

あぁ〜良かった。
今日は昼から暖かくなったので、軽装に着替えようかと思ったけれど、時間がなく真冬の装備のまま出勤。
そして、暖かいのでヒーター全開で何とか乗り切れました。

帰りは、今日の事情を知った社長が、
「寒くなる前に帰っていいよ〜〜〜」
って、言ってくれたので、そのお言葉にどっぷり甘えていつもより早目の退勤。

やっぱり、行きよりは寒いです。
コートの襟を立て、手袋をして、ヒーターをガンガンにきかせて帰宅。

帰路は軽自動車での高速走行を楽しんでみました。

運転体勢は行きと同じ。窓が開いたままなので左手に通行券を持ちハンドルを握りながらの運転。
登りは、走行車線をガマンの限界までおとなしく、
下りは、後ろの状況を見ながらアクセルとクルマに気合いを贈る(笑)。

そうこうしているうちに、ローマからポンペイへ one day trip をしたことを思い出しました。
その時は、ローマの街中を自由自在に走行できるよう Smart をレンタルしていました。その Smart でアウトストラーダを移動していた時の状況と酷似しているなぁ〜〜〜って。その時も、下り坂命 でぶっ飛ばした憶えがあります(笑)


通勤時間は、結局、いつもと大差がなかった E 。うぅ〜〜〜ん、いつもの運転を反省しなければならぬのか???

軽自動車での高速走行した感想。
ストレスがなかったです。

理由は、スピードが出ないので、チャンスを見付けて追い越しをかける手段を取るため。
っかな?

しかし、楽しい一日でした。

0 件のコメント: