2013/06/30

シカゴの食事

仕事であれ、休暇であれ、旅をした時の楽しみの1つは、食事。いわゆるベタですが、その地の名物料理を(前回も食べたなぁ....)。

先ずは、シカゴピザ。ピッツァではなくピザ(笑)。

ココは、スタッフドピザ(詰め物したピザ)が名物です。今回は市内の名店Giordino'sへ。メニューにも、「Famous Stuffed Pizza」と「Infamous Thin Pizza」と記載されており、もちろん、前者をオーダー。スモールサイズでもこの大きさで、当然二人でシェアしましたが、それでも2切れが限度。やっぱりアメリカンサイズです。

次はステーキ。今回はSalivansと言う宿の前の店にしてみました。2007年の時には頑張ってTボーンを食べたのですが、もう、良い歳なのでサーロインを注文。

嬉しいことに、ビアネーズソースがあったので、迷わずオーダー。このお店は、肉をドライエージングしているそうで、旨味がなかなかのもの。皿が大きいのでお肉が小さく見えますが、満腹です。

でも、もちろん、懲りずにデザートも。分かっていてもこの大きさ。途中で後悔し始め、2/3しか食べられませんでした。

ポスター発表を終えた後は、同僚とささやかな打ち上げを。典型的なアメリカ料理、リブのBBQにしようと言うことで、有名人も御用達のCarson'sへ。

ココには何故かベルギービールが各種有って、すかさず大好きなDuvelを注文(でもコレ高い、日本と変わらない価格)。

給仕さんに聞くと、「1本はコレぐらいで、日本人なら二人でシェアして丁度ぐらい」と言うので、フルを1本頼むと、ほぼ想像通りの大きさ(デカ過ぎ)。旨いけどキツい。

最後は、庶民の味、ホットドック。

コレは、駅の地下街で食べました。まぁ、良くも悪くもアメリカン。

オマケは、空港で帰りがけに買ったポップコーン。

GarrettのChicago Mixが旨いらしいと同僚が言うので、買ってみました。これまた、このサイズでスモールです。

で、何がミックスかと言うと、キャラメルとチーズを同量混ぜたものだったのです。それも店員が目の前で、袋の中で上手に混ぜてくれました。味見すると、甘いキャラメルと塩っぱいチーズが絶妙で、後を引く味。少し食べてお土産に。

コレにはEもハマって...
食べ始めると止まらない。アメリカだけにひょっとして何か隠された化学物質でも入っているのか?と疑ったり(笑)。

こうやって1週間分を纏めると、太りそうな食事ですが、学会会場は広く、市内も歩き回ったので、帰国してみると1kg減でした!

0 件のコメント: