2010/01/23

CARELLO

スポルト適性化第?段

先日、EがVarelioに貰ったMontecarlo storicoの画像を見ながら、「このスポルト、カッコイイ」と。


実は、他の画像に素晴らしくゴージャスな毛皮のコートを着たご夫人が写っており、Eの目はそちらに釘付けだったのですが....

さすがにモンテにでるぐらいの車両、全てが決まっています。決定的に違うのが、コレでもかと取付けられた補助灯。否が応でもラリーの雰囲気が盛り上がりますねぇ....

そうだ、うちのスポルトにもフォグを付けたら、ショボいヘッドランプの補助になるし(本来の目的)、格好良くなるんじゃない? と安易な考え。となれば、どのメーカーの補助灯を付けるかです。やっぱりイタ車にはイタリア製の補助灯で行くべきでしょうと天の囁き? キャレロに絞って部品を探し始めました。もちろん、丸形、クラシカルなヤツ。

でも、今時、そんなパーツ、簡単には見つかりません。第一、最近は日本に入って来ていないし....
Varelioに聞いてみると、「イタリアでもキャレロのランプは見かけないよ。有っても高いし」と。

困った時はebay(笑)。探してみると、UKに出品がありました。売り主はUK国内向けに出品していたので、連絡を取って日本にも送れるか聞いてみると、OKとの返事。でも、返事が来た時には、そのオークション終わっていました(爆笑)。結果的に入札が複数件あり、どこでも入手困難らしいと言うことは分かりました。

その後も、ギリシャ、ドイツ、UKと出品があったのですが、中古で新品はありませんでした。キャレロだからやっぱりebay Italiaを見ないとね、っとチェックしてみると、新品の出品が!
この手のオークションは終了間際にどんどん入札されるので、終了日時をチェックしてリマインダーを設定。

でも、時差を忘れていました(笑)。気付いた時には時既に遅し。120ユーロほどで落札されていました。120ユーロなら、送料入れても2万円以下なので、もし次の出品があれば即買いだ〜
しかし、そうそうキャレロの出品があるはずも無く....

と、諦めかけたある日、イタリアの同じ出品者が、同じものを出品しているじゃありませんか(何か狐に摘まれたような....)。

今回は、前回の失態を反省して、終了5日前に入札!
すると今回は、入札争いが無く、開始価格で落札。やった〜。でも、安心は出来ません。何せ、イタリアですから。まぁ、イタリアだけじゃなくて、ヨーロッパからの品物は、届くまで分かりません。壊れていたり、違う物が届いたり....

でも、今回の出品者、Ottoさんはイタリア人にも関わらず連絡のやり取りは完璧な英語。Feedbackももちろん100%。かなり信用できそうです。こちらが、「梱包しっかりして壊れないように送って」と依頼する前に、「壊れないように確実に送るために、ちょっと高いので送って良いか」と。もちろんOK。


Poste italianeから発送したと言うので、当然JPが配送すると思っていたら、クロネコさんが届けに来ました。ハテナ?
届いた箱を見て、納得。UPSで送ってくれたのです。イタリアから6日間で無事届きました。

さて、どうやって取付けるかが次の問題です....

2 件のコメント:

Fulviaskij さんのコメント...

スポルトに丸形大径フォグですか・・

考えもしなかった取り合わせですし、
アタマで考える限り「カッコわりぃ」ですが
実物を見ると・・・

アリですね。



でもフォグランプの点灯は霧のときだけにしましょうね(笑)

KEI さんのコメント...

角フォグも考えたのですが、バンパーレスに丸フォグが良いかもと言うことに家族会議で決まりました(笑)。

まぁ、上手く付いたら見てやってください。上手く付かなくて売りに出されたら、買ってやってください(爆)