2011/04/16

W202 C240Tサンルーフ内張の張り替え

EのC240Tのサンルーフ、内張が垂れ下がって来たのは先日書いた通り。

内張の材質は塩化ビニルか何か。結構柔らかい素材です。取りあえず、再利用出来るかどうか、付着したウレタンスポンジを落として塩ビ用のボンドを付けてみると....

ブヨブヨと伸びてきました。こりゃ、ダメだ。
再利用は諦めて、クーペの時と同様に、適当な布を張ることにしました。

近所?の手芸店へ行き、適当な生地を探していると、スウェード調のグレーの生地を発見。残4mちょっとと言うことで、今後の天井張りも見越して全部お買い上げ(ホントに自分でやるのかなぁ)。

C240Tのサンルーフ、ベースの素材はグラスファイバー。これにクロスが張ってあり、クロスの上にウレタンスポンジを挟んで純正の内張が付いていました。ので、ウレタンを束子で擦って落とし、それでも残っている”ネチョネチョ”のカスをパーツクリーナーを使って除去。一応、ネバネバが無くなったところでクリーニングは終了。

適当な大きさに切った生地をクロスの上に貼付けるのですが、布と布の接着なので簡便さと作業性を考慮して、普通の木工ボンドを使うことにしました。どうしても有機溶剤系のボンドだと微修正が難しいし、下手に表側に滲み出して来ると面倒です。その点、木工ボンドなら、乾く前に湿らせた綺麗なタオル等で拭けば除去出来るし、恐らく接着力も問題ないかと....
その分、乾燥までには2晩置きました。


意外に違和感無く仕上がりました(自己満足)。でも、まだ完成じゃなかったりして....

ウレタンスポンジを除去してしまった分、厚みが減っているので少しガタが出ています。レール部分だけバイアステープをさらに貼付けて対応するかな?
それと、あまりに適当に生地を切ったため、開口部にあたる部分の切れ端処理が雑。下手すると、この部分からまた剥がれてきそうなので、ココもバイアステープで補強しようかと。

まぁ、これぐらいの面積ならそれなりに貼れますねぇ。
次は天井か....。どうやってベースを外して取り出すかに掛かっているような....

0 件のコメント: