2011/05/03

乗鞍2011

前回が2008年なので、3年ぶりに乗鞍春山登山スキーに行ってきました。が、ご覧のようにあまり良くない天気.....
剣が峰の頂上は見えるものの、大雪原から上は雨、雪混じりの突風。


前日には雪が降っていたそうで、朝一番の登山バスは運休。と言うことで、何時ものように?三本滝から登ることに。

久々のシール+ディアミールで登る。今回は十年ぶりと言う還暦間近のSやん、その教え子のTちゃん、シールの素晴らしさを教えてくれたTちゃんと同級生のKOにK&Eの6人。久々の大所帯。

かもしかゲレンデを登りきって、ツアーコースに入ると、病み上がりのEは遅れ気味。でもマイペースでしっかり登ってきます(事前のトレーニング?が効を奏した??)。

Sやんのペースなら十分大雪原まで行けそうでしたが、腰痛持ちの私とEのペースは上がらず、このままではあまり楽しめそうにないと判断。11時のバスは動きそうなので、位ヶ原山荘までバスで登れば、大雪原は目と鼻の先(と言っても30分以上は登りますが)。そこで適当に登ったところで三本滝へ戻りました。

登りは遅くとも、下りは水を得た魚? 雪質は悪くても、やっぱりゲレンデより楽しい。でも折角2時間ほど登ったので、写真を撮りながらゆっくり滑りを楽しみました。

三本滝まで下りて来ると、丁度バスがやって来て、測ったわけではないのですが、ベストタイミング。直ぐに乗込んで、位ヶ原山荘を目指しました。
何でも運転手さん曰く、「4月に入ってからも寒い日が続いたので、雪が多いですよ。一番深いところでは5mの雪の壁があります」と。除雪された県道を30分ほど登り、位ヶ原山荘到着。

やっぱり、バスは偉大だ!
でも、ココまで来ると風が強い。時折吹く突風には立っているのがやっとな程。これではやっぱり上に登るのは無理でしょう。その上、小雨まで....

位ヶ原山荘からツアーコースへ行くために、暫く除雪途中の県道を登って....

滑り降りる前に、腹ごしらえ。「やぐら」のお母さん特製おにぎりを、焼きおにぎりにして頬張る。この山の中で食べるお昼は、また格別。Tちゃんはラーメンまで作っていました!

林の中をアドベンチャーして突っ切って、ツアーコースに戻った後は、本来の目的、スキー!
Tちゃん曰く、「我々は登山家じゃなくて下山家だからねぇ」

天気はイマイチでしたが、久々の仲間と楽しい一日でした。
次回は頂上まで!

0 件のコメント: