2011/06/26

行ってきました立山 〜室堂までの風景編


あれは いつの事だったでしょうか??
そうそう、あれは6月4・5日のことでした…。

Eの最大の目的は、ケーブルカーに乗って、高原バスに揺られて車窓から雪の大谷の壁が眺められれば大満足 (^.-)v

ケーブルカーより


スキーブーツ履いたままで板担いで乗り物のって移動。
何だか、スイスのスキーを思い出しちゃいます…

立山駅⇔美女平駅間1.3km、標高差およそ500m平均勾配24度を7分かけて一気にのぼって行くそうです!


途中にある材木石

材木石は柱状節理を持った立山火山溶岩の一部なんだそうですよ〜


美女平駅に到着

ここまで来ると ちょっぴり ひんやり感じます。
今度は高原バスで亜高山帯から高山帯へ、標高差約1,500m、23Kmを約50分かけて上って行くそうです。


立山杉

バスに乗ってブナ坂を過ぎて現れるのが立山杉。
森の巨人百選に選ばれているそうです。

称名滝

次に現れるのが称名滝。
称名滝はその落差が350mもあり、日本で一番大きな滝なんだそうです。


七曲がりの一部



そして、雪の大谷の大壁!
本日は17mなり!!!



雪の大谷の大壁を見た所で E の目的は達成された訳ですが、
折角なので山にも行ってきまぁ〜す……

0 件のコメント: