2017/11/15

2017ミルキーウェイ・ブルーアイランド・ラリー その1

ラリーの初日はいつも前日から。大阪南港から東予港までオレンジフェリーで四国入り。

まずは、ゼッケンを貼って、エンジンオイルをチェック。高速走行に備えて、タイヤの空気圧も確認。すると、意外にエアーが抜けていたので、急いで近所のGSへ。給油とタイヤに空気を入れ、後は大阪に向けて出発するだけです。



今回、いろいろ忙しく、オレンジフェリーの予約を失念していたため、出遅れで予約。その時点で残っていた個室は、特別室のみ(ガーン)。
プレミルキーと今回で2回もフェリーに乗るので、今年はオレンジ会員になっておきました。なので、2割引でコレに決定。

乗船開始は午後8時なので、この時間到着を狙って、夕方に自宅を出発。当然、すでに日は暮れ、ライトオンでの走行です。

快調なエンジン、ミッションとは裏腹に、路面の凹凸ごとに聞こえるスイッチングノイズ。

「あれれ、トラブルかも」

心配顔のEにもまして、嫌な脂汗が。ココで、ライトが落ちたら四国愚か大阪南港にも辿り着けません。最悪、出場前リタイヤ --> BMWで参加?が頭をよぎり....

FSZのエンジン&ミッションオーバーホール時に粗方の電装系も配線引き直し、端子作り直しで修正したはずでしたが、前回ライトオンで走行したのは、トンネル走行ぐらい。夜間走行はこの半年余りは無し。

昨年のミルキーではテールランプ切れをスタート前に指摘されました。なので、今回、ウィンカー、テールランプの確認はしたのですが、ヘッドライトを忘れていました(やっぱり運行前点検は重要です!)。

とりあえず、路肩に止めて、ライトスイッチあたりを見てみると、「ビリっ」と感電。

「あちゃー、接点不良の漏電かぁ?」

このままでは埒が開かないので、フォグランプを点灯させてヘッドライトを切り、自宅へ逆戻り。

帰宅して確認すると、接点不良ではなく、ライトスイッチの取り付けが緩んだためにスイッチ接点とボディーアースが短絡して、リレーのスイッチが入ったり切れたりを繰り返していたのです。原因がわかれば、対応は簡単。スイッチをしっかり固定し直して修理完了。これで、本当にラリーへGOです(簡単に修理できた時点で、既に天使が微笑んでいたのかもしれません)。

その後は、順調?に(途中、大阪市内で道を間違えましたが)、大阪南港に到着。すると、Eが師匠とする名ナビKさんが、昨年に引き続き見送りに来てくれました。これも、ミルキーが取り持つ縁。ありがたく激励を受け、ポディウムダッシュを誓いました。



今回のフェリーはオレンジエイト。オレンジセブンより少し新しく、特別室に入ってビックリ。広い! 海を見ながらお風呂に入ることもできます(夜なので何も見えませんが)。



船首に近いデッキ前方に位置するためか、振動とノイズは特等室より大きい気がしますが、オイルヒーターもあって快適でした(お陰で翌朝の体調はすこぶる好調でした)。


少し遅めの夕食済まし、Kさんに頂いたスイーツも少しだけ頂き、寝てるうちに四国の雨が上がることを期待して、早めに就寝。

0 件のコメント: