2006/12/03

サーモスタット

クーペのサーモスタットが死んでいます。通勤に使うとこの辺りは田舎なのでオーバークールになってしまう。水温計の表示で大体60-70℃ににしかあがらない。コレだと燃調が上がって燃費が悪くなるし、なによりヒーターの効きが悪くて寒い(笑)。

でも、クーペのサーモスタットは国産のようにサーモ単体で変更出来ない。ハウジング一体型で交換となると16,000円以上するらしい。ならば?ダメもとでラジエーター洗浄剤をブチ込んで固着したサーモスタットが動くようにならないか試してみました。

近所のDIYショップでホルツの洗浄剤を購入(480円也)。成分を見ると、クエン酸と有機酸が入っているとか。結局、水のカルシウム分が析出していくと言うことか。有機酸は何なんだろう。まぁ良いか。強力にするならば適当にクエン酸を加えてみようか....
まぁ、下手に酸濃度を高くすると金属に悪いし。

みなさんは何処からクーラントを抜きますか?
私はデルタの時の同じくターボのウォータージャケット部分のホースを外して抜きます。これでもかなりの量が抜けます。


結局、洗浄剤の効果もなく、サーモスタットは動いていないようで....
でも、クーラントは綺麗になりました(バスクリンみたい)。

0 件のコメント: