2006/12/02

iBookが


壊れました。ベルギー在住時に既に少しおかしかったのですが、だましだまし使っていました。壊れた場所は液晶モニタのバックライト。液晶をある角度にすると点いて、その角度から外れると消えてしまいます。点く角度は90度未満。と言うことでスゴく無理な姿勢でMacを使っていました。それがこのところ突然消えたり点いたりと動作が不安定になってきて、使い難いことこの上ない。

ネットで調べてみると、Dual USBのiBookではヒンジ部分でモニタケーブルやバックライト電源ケーブルが断線するらしい。もしくはロジックの異常。ロジックの場合は動画が見えなかったりするらしいので、我が家にiBookは該当しない(バックライトが消えても動作は正常なので)。やっぱり断線?

ならば、バラして繋ぐのみ。でもヒンジ部分を出すにはほぼ完全にバラさないとダメ。これが大変。これもネットを参考に半ば強引にバラします(どうせこのiBookは使い倒すつもりなので傷がどうのこうのという問題は無し)。

とにかくバラしてみると、見事に断線。赤と黄のケーブルが完全に切れている。これで良く接触していたものだ。赤ケーブルなど1mm程度の断片まで出て来たゾ。これは絶対に設計ミス。ノートパソコンなので開閉する事は分かっているのに普通のケーブルを使うとは。昔のPB500シリーズではフィルムケーブルを使ってさらにこれをロールしてあったので開閉で切れる事は無かったのに(プラスチックカバーにあたって切れる事はあったらしいが)。


半田をあてて結線し、ビニールテープで絶縁して元通りにもどす。完全に直すにはもっとフレキシブルな細いケーブルを調達してヒンジ部分を完全に交換しないとダメ。今回は応急処置をして終了。これで、ノートPCなのにほぼ固定機になってしまった。でも、快適(笑)。

0 件のコメント: