2012/08/25

人生初の

入院&手術。話には聞いていましたが、いざ、自分となると大変さが身にしみました。

ことの始まりは、もう何年も前。人間ドックと呼ばれる義務?検診によって見いだされた胆嚢ポリープに端を発します。毎年、超音波で、「こんなにありますねぇ〜」と言われ続けて....

たまたま、今年の春に生命保険の満期に伴う見直しを進めていた時に、胆嚢ポリープが新たに生命保険に入る際に問題になることを知りました。精密検査で問題無しを貰わないとダメだそうで。なので、通っていた消化器内科で受診。久々にお会いしたDr.に超音波で見てもらうと、Dr.の手が止まった。

「Kさん、前から幾つもポリープがありましたけど、1つ大きいですわ」
「あっ、ハイ。で、サイズは?」
「測りようによっては10mm超え。大きい病因を紹介しますから....」

チ〜ン。

春から、初造影CT、初胃カメラと初物づくしを経て....

温存の選択肢もありましたが、取ることに決めました。術式は腹腔内視鏡による胆嚢全摘出術。治療計画書では月曜日入院して火曜日に手術。術後の経過を見つつ金曜日に退院する5日コース。

月曜日:術前検査(と言っても大した事無し)、早めにシャワーをして、下剤の投薬。下剤はひまし油。実験では何度も使いましたが、自分が飲むとは(笑)。
21時に消灯はちょっと早過ぎますが、ちゃんと寝れました(でも、腹減った〜)。

火曜日:8時に手術準備スタート。手術着に着替えて看護師に連れられてオペ室へ歩いて移動。オペ室は9つぐらいあって、幾つもの部屋で同時進行?
オペスタッフと挨拶も束の間、手術台に横たわって....
「へぇ〜、こんな内視鏡が挿入されるのか?」
「やっぱり新病棟の新オペ室は綺麗だなぁ」
なんて思っているうちに、ライン確保も終わり、前麻酔。

ふわっとなって、ゆっくり呼吸するように言われ、いよいよ麻酔薬注入。
直ぐに落ちました。次に気付いたのは、執刀医の呼びかけ。何だか喉が気持ち悪く、吐きそう(気管カニューレのせい?)。何だか体の震えが止まらないし....
やっぱり腹は痛いような(良く分からない)。

病室に戻って、まだうとうとするものの、やっぱり痛いので鎮痛剤を筋注してもらい、また寝て....

点滴に酸素マスク、導尿カテと管が出たり入ったり。大人しく寝ていると、兎に角、背中が痛い。定期的に心電図、検温、血圧モニターをしてもらいながら、時間が過ぎるのを待つしかない....

夜になって、酸素マスクは外れましたが、背中・腰の痛みはピークに。切ったお腹より痛いとは....
電動ベッドをいろいろ動かしてみましたが、痛みは変わらず。夜中、少し眠りましたが殆ど起きていました。

水曜日:内視鏡とは言え、お腹を切ったため腹筋に力が入れられない。でも、開腹と違って既に腸は動き出し、弱々しくもガスが出ると、背中・腰の痛みが随分和らぎました。朝からは水分摂取が可能に。

仕事柄、消化管、膵臓を専門にして来て、かつては術後消化管麻痺治療薬の研究もかじっていたのですが、術後の排ガスがこんなに重要なのだと身を持って知ることができ、何となく感無量。でもこう言う経験は出来ればしたくないものです。

胆嚢から出て来た胆石
発熱はあるものの、「極めて順調」とのことで、午前の回診後に既に管が全て抜かれました。さらに、ウレシイのは、お昼から食事を取って良いとのこと(それも通常食)。内視鏡術ならではですねぇ。

夕食はこのような通常食で、すき焼き風?牛肉も出て、ホントに何でも食べてOK。

木曜日:主治医から、「今日の血液検査の結果が良ければ、ご本人の希望をもって1日早めて、お昼に退院しても良いです」と。もちろん痛みは残っていますが、発熱も下がりそれなりに動くこともできるので、退院を早めてもらうことにしました。

Eに迎えに来てもらって、退院。
クルマの振動が意外に痛いとか、暑いとかありますが、やっぱり自宅に帰ってくるとホッとします。

痛み自体はまだ暫く続くでしょう。病理結果もまだですが、取りあえず気になるものが無くなってスッキリ。聞けば今は一穴の内視鏡術もあるそうで。医療の進歩はスゴイですが、実感したこう言う痛みをもう少し取り除くことが出来れば....

一応、医療関係に携わるものとしては、再考させられる貴重な経験でした。

9 件のコメント:

デブでも早いんだ! さんのコメント...

小さくても手術は緊張します。全身麻酔となれば心配も倍増ですね。
ご無事で何よりでした。

いかにも苦そうな石ですねぇ。

KEI さんのコメント...

Hさん、緊張は無かったのですが、聞くのと実際にするのでは大違いってことが良く分かりました。

主な胆石はあれだけなのですが....

Hさんもご自愛ください。

fulviaskij さんのコメント...

お疲れさまでした。無事済んで良かったですね。

実は僕も先月人間ドッグ行って来ました。
目の方で1カ所引っ掛かって精密検査を受けなきゃ行けないんですが
メンドくさくてまだ行ってません。(^^;;

KEI さんのコメント...

まぁ、大方はそのままでも大丈夫なのですが...

お互い、もう若くないですからね(笑)

森の熊さん さんのコメント...

手術されていたとは、ご無事で何よりです。 私も2003年に胆嚢を全摘しました。 少々脂っこいものと酒に弱くなりましたが、まったく生活に問題なしです。 暫くは、FSZとバイクには乗れらずに良い季節を待ちましょうね。

KEI さんのコメント...

奈良の熊さんも胆嚢無いのですか?
酒に弱くなったって....(笑)

確かに、現時点で全く普通の食事をしていますし、オペで絶食して痩せただけしか体重減らないし(トホホ....)

匿名 さんのコメント...

お疲れ様でした。
痛いと言うのは強弱関係なくストレスなものですね。
でも、身体に直接負担がかかる痛みはもっとですね。
本当に本当に、お疲れ様でした。
お大事に…。
MICHI

KEI さんのコメント...

MICHIさん、ご心配ありがとうございます。術後1週間となり、突っ張り感やたまの痛みはありますが、大分普通になってきました!

NERO さんのコメント...

驚きました。手術されていたとは。。。経過が順調なご様子に安心しました。お疲れ様でした。そして無事に退院され本当に良かったですね。
今年のクラブ・ザガート・ジャポネのミーティングは12月2日(日)に決まったようです。完治され元気なお姿でお会い出ればと思います。