2013/11/02

訃報 小林彰太郎さん

先日、先輩のランチスタから訃報の知らせを受け取りました。お会いしたことは無く、もちろん、お話したことも、メールなどのやり取りをしたこともありません。ただ、旧車道楽家としては、小林彰太郎さんの名前は十分存じ上げていましたし、ランチアランチで奥様と仲睦まじく数々のランチアを眺めるお姿を拝見したことはありました。

特別な思い入れは無くとも、自動車ジャーナリスト、ランチスタとしては何となく憧れの様なものがあったのだと思います。

かく言う私も、連絡をくれた先輩ランチスタがボランティアで発刊を続けるニュースレターに、小さな連載コーナーを持たせて頂いています。

現行シリーズの第1回記事
今のシリーズは50回を越え、月1回発刊ですので、前シリーズから考えればかれこれ5年以上継続していることに。

そして、このニュースレターは小林彰太郎さんにも送られていたので、素人の私の記事にも目を通されていたようです。恥ずかしいやら、嬉しいやら。

どうぞ、安らかにお眠りください。で、天国でも色々なクルマを乗り回して下さい。

2 件のコメント:

スエヒロ さんのコメント...

知りませんでした....

直接お話したことはなかったのですが、家の近所をフェアレディのSPだかSRに奥様と乗っていらした(お知り合いの車でしょうね)のとすれ違ったのと、カーグラのイベントでお見かけしたのが数少ない接点でした。
日本車の発展に大きく貢献した人だと思います。
83才だったんですねぇ。

合掌

Katsura Tsukamoto さんのコメント...

なかなか彰太郎さんのようなモータージャーナリストは、今後は出て来ないでしょうね。恵まれた環境に育って、その方向で伸びていくことの偉大さを具現化されたヒトではなかったかと思います。