2013/11/24

出来過ぎのMilkyway Blue Island Rally 2013 その1

ミルキーウェイ・ブルーアイランド・ラリーに参戦するようになって6年。全く見知らぬ土地のラリーイベントへの参加も、フレンドリーなスタッフやエントラントの皆さんのお陰で気付けば我が家の恒例行事になりました。今では次回までにどうFSZをモディファイし、入賞に向けての戦略を練り、コレが縁で知り合った仲間と反省会と称して秘密基地BBQなど、いわゆる「ミル中」(ミルキーウェイ中毒)状態?

昨年の初入賞3位に驕る事無く、万難を排して?臨んだ今回は、出来過ぎの総合優勝!
それもこれも、今年は運があったのです。

出来過ぎその1
四国までの移動はなかなか大変ですから、何時も大阪南港からフェリーで四国入りします。これまで単独で大阪南港まで向かっていたのですが、今回はこのラリーが縁で仲良くして頂いているジネッタのNご夫妻が一緒に向かってくれることに。
過去には、名阪国道であわやエンストのトラブルやヘッドランプ切れなどありましたから、夜間走行に仲間が居るのは心強く、心理的安心感がその後の成績に繋がったかも。


出来過ぎその2
実は、ミルキーウェイにエントリーしてから色々忙しくすっかりフェリーの予約を忘れており、気付いたのは10月に入ってから。特等2人部屋は既に満室だったので、フルヴィア仲間のFさん&Kさんコンビに特等4人部屋をシェアする事でフェリー確保。これだけでもラッキーだったのに、Kさんの強力なコネクションを使って割引ゲット!

さらに乗船してチェックインしてみると、特等4人部屋が2部屋用意されており、畳もあって広々のびのび。お陰でぐっすり眠れました。この睡眠が1日目の結果に繋がったかも。

さて、夜が明けるとフェリーは四国・東予港。フェリーを降りた直後に、いきなりミスコースの洗礼もありましたが.....

天気もまずまずで一路、集合場所の久万高原へ。途中、ガーミンのナビで向かったために、新しいバイパスを通らず、旧国道のワインディングも楽しめて、集合時間ギリギリに到着。
 
スタッフの笑顔に出迎えられ、顔を憶えていてくれたエントラントさんから声を掛けられ、和やかなムードの中にも、連続入賞をしないとまぐれと言われそうと言うプレッシャーも感じながら、否が応でもラリーモードに突入

受付を済ませ、毎回楽しみにしている美味しいパンを頂きながら、コマ図を見てみると....

出来過ぎその3
今回は、この形式のラリーになって20回目。と言うことで、タイム計測20ヶ所!
何時も頭を悩ます、難問奇問のクイズは無く、運試しのチェックポイントが。
ここ数年、タイム計測の精度は確保しているので、この設定は、「ポカ」をしなければソコソコの順位まで行けそうな設定!

 でも、コマ図をじっくりみると、なかなか一筋縄では行かないことも見えてきて....

 ラジオ体操に、大会委員長のHさんのドラミで、いよいよラリー1日目のスタートとなりました。

2 件のコメント:

fulviaskij さんのコメント...

いよっ!
待ってました!!(^^)

超大作になりそうな予感・・・
楽しみにしてます!!

Katsura Tsukamoto さんのコメント...

大作にはしませんよ〜。何時も通りにレポートして、反省するのみ!(笑)