2011/03/17

福島原発で作業する皆さまへ送るエール!

現地で懸命に作業をされている、作業員、警察関係、消防関係、自衛隊関係、その他の方には、本当に頭が下がる思いです。

中央や本社で答弁している方々、彼らのがんばりをもっと伝えて下さい。特にマスコミは。ショッキングな見出しだけ付けて不安を煽るのではなく!!!


放射能と言えば、原爆が使われた日本では悪の代名詞になっていますが、実際には医療にも使われていますし、例えば温泉なんかでも放射線を浴びています。

私は企業研究者の端くれなので、必要に応じてラジオアイソトープ(放射性同位体)を使って実験をしていました(最近は使っていませんが)。放射線は目に見えないので、恐ろしく感じますが、適切に使用し廃棄すれば、全く問題ありません。

都道府県別環境放射能水準調査結果

現在のところ、各地の放射能測定でも検出されているのは極微量。数値は単位時間当たりなので、接触時間が長くなれば少し気を付けなければなりませんが、放射能は拡散していきます。今のところは通常の数百倍と言っても何日も屋外に居続けて健康に影響が出てくるレベル。遮蔽物があれば、それだけ線量はへりますし。なので必要以上に怖がらなくても良いハズ。風評で福島への物流が滞っていると聞きます。原発近辺、半径数キロなどは確かに危険ですが、福島県全部が同様に危険な訳じゃないので、何とか困っている人々に必要な物資が届くことを祈っています。

原発で起きていることは、想定外で異常なことですが、叡智を結集して勇気を持って対応すれば、最悪の事態は免れると信じています。

0 件のコメント: