2011/03/25

何も言えなくて…、何もできなくて…



東日本大震災で被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます


震災で命を失くされた方々、そのご家族には
心よりご冥福をお祈り申し上げます



Eは、その巨大地震のあった時間帯はクルマで移動中だったので震度3の揺れすら感じていませんでした。
なので、地震があったと聞いた時はこんな未曾有の大災害が起こっていることなど想像もついていませんでした…。



先日、被災地より避難して来られた方々、避難していて戻られる方に出会いました。
ある避難して来られた方は昨日来られたばかりとのことで、大変だったご様子が見てとれました。


「ちょっと、向こうは生活出来るような状況ではないので…」


と言う言葉を聞いた瞬間、TVで見た数々の映像が浮かんで来ました…(涙)



「大変でしたね…」

以上の言葉が見つからず、胸がいっぱいになり何も言えませんでした…。
身重のおからだで、小さなお子さまを連れての避難所生活がどれだけ困難なことか…



荒れ果てた被災地、
まだまだ行方不明の方々、身元不明の方々が多数いらっしゃいます…
避難所で不便な生活を送ってらっしゃる方々が多数いらっしゃいます…
避難所に避難できない方々も多数いらっっしゃるそうです…
野戦病院と化した病院で不眠不休で治療されてる方々がいらっしゃいます…
福島第一原発現場では、被害を最小限に食い止めようと目に見えない敵と闘って下さってる方々が多数いらっしゃいます…


何もできない自分がもどかしく感じます…


色々な団体の義援金に、心ばかりの額を投じることぐらいしかできないけれど…
被災地が早く復興されること、みんなで笑って暮らせる日が早く来ることを願っています。

2 件のコメント:

おかんの頭の頭 さんのコメント...

そう思い、思える事が大切だと思います。

同情だけでは前に進みませんので、一緒にがんばりましょう!

小さくても、少なくても、する事、思う事が力になると思ってます。

eri さんのコメント...

そうですね〜

他人事ではなく、同じ時代を生きる者として、何ができるかを考えて生活し、小さいことでもできることは行動に移さないと、、、ですね…。