2013/08/18

そうだ、蕎麦食べに行こう

折角のお盆休み、自宅に居ても暑いだけだし....

で、11時頃になってエリーゼで出掛けました。向かったのは木曽。ちゃんと予定も立てずに、でも、お盆の渋滞は嫌なので、東名阪→勝川→R19→土岐→中央道→R19→木曽→開田高原→チャオ御岳→濁河温泉→小坂→県道88(R41の対岸)→下呂→R41→金山→関→適当に帰る、と言うルートにしました。

まず目指すは、開田で蕎麦。でも出遅れが響いて、中津川通過が13時。コレじゃぁ、蕎麦屋は終わってしまいます。行き当たりばったりで開いている蕎麦屋に入ろうと言うことにして.....

寝覚の床の「越前屋」に飛び込みました。学生時代からスキーやツーリングでこのお店の前は通過していますが、始めてのチャレンジ。で、入ってみてビックリ。何でも日本で3本に指に入る古い蕎麦屋さんとか。創業300年、老舗中の老舗でした。

冷たい蕎麦は、ざるそばは無くもりそばのみ。一番粉が多いのでしょう、この様に白い蕎麦でした。蕎麦もさることながら汁が旨くてアッと言う間に完食。蕎麦がきも旨かった〜。

無事、お昼にありついた後は、開田高原へ。交通量が少なく、ドライブに最適。標高が上がるにつれ、外気温は下がり、チャオ御岳では22℃。こうなれば、当然?オープンでしょう。濁河峠、鈴蘭峠は久々でしたが相変わらずの楽しい路(対向車が殆ど無くて良かった)。
小坂の道の駅で、買い出しをして、R41へ。陽は少し傾いてきたのですが、R41は日当りが良すぎるので、対岸の県道へ。こちらは山陰になるので、ヒンヤリする位の外気。気持ち良く下呂まで下って、再度R41へ。

日暮れになってきても、どんどん下界に進めば暑くなる。オープンエアは関でギブアップ。

夏バテ?防止に関でうなぎを。適当にEがiPhoneで調べて、向かってみると長蛇の列。で、聞けば本日分のうなぎが売り切れで終了とのこと。2件目、適 当に見つけた「孫六」さんに入ると、「上丼は売り切れ」との表示。でもその他のメニューは大丈夫とのことで、お勧めの普通丼を頂きました。

ココのうなぎは焼加減が絶妙で、皮はパリパリ、身はホクホクと旨かった〜。

結局、この日も太ってしまった様な...
でも?先日交換したブレーキパッドの慣らしはコレで完了したでしょう。

3 件のコメント:

おかんの頭の頭 さんのコメント...

みよし亭、辻屋は経験済みなのですが、孫六だけ未経験なので狙ってます。
う~うなぎ食べたくなってきました!
元から安くないけど、随分高級品になりましたねぇ

KEI さんのコメント...

孫六、良かったですよ。
私も久々の関で、様相が変わっていて迷子になりそうでした。大体、名鉄美濃町線が無いし(何時のことじゃ〜)。

涼しくなったら、ツーリングがてら行きましょう!

おかんの頭の頭 さんのコメント...

ツーリングがてら、良いですねぇ
是非是非!
私道詳しくないですが・・・