2010/04/25

久々に

750RSを引っ張り出して、エンジンに火を入れました。冬期通行止めが解除されたいつもの山道まで。寒くもなく暑くもなく、この時期がバイクには一番。

2500rpmぐらいに少し谷があるけど、その他は綺麗に回っているのでこの気候ならまずまずのセッティング。でも、ちょっとエンジンが重い感じなのとシフトフィールがイマイチなので、久々にオイル交換をすることにしました。前回から約1年経っていますから、当たり前か(笑)。



モリワキ管にしてあるので、エレメントを交換するとなるとマフラーを外さねばなりません。エレメント交換は何年ぶりだっけ(爆笑)。

抜いたオイルは、カーボンもそんなに多くなく、粘度もソコソコで、ガソリンが混じった可能性も低いことからも、キャブセッティングはまぁまぁであることが伺えました。

本来は10W-40なのですが、手持ちはペンゾの20W-50(SL級)しかなかったので、固めですが空冷旧車なのでOKと言う事で。

交換後はやっぱりノイズが減って、固いオイルの割にちゃんとアイドリングも粘るようになりました(オイル&エレメント交換、4L、18,350km)。

0 件のコメント: