2010/04/05

内装レストア?

マフラーを新調して、パワーアップとノイジーさを手に入れたわけですが、このままでは高速巡航がちょっと辛いので、対策をしてみることに....

お手軽?対策として、遮音・吸音をすることにしました。制振シート、エプトシーラー、シンサレート吸音シートをネットでポチッと購入。一番考慮したのは重量。遮音・吸音はしたけど、大幅な重量増加は、折角のフルヴィア・スポルトの魅力を奪ってしまうので。今回購入した材料は、総重量で5kg弱ほど。まぁ、これなら許せる範囲かな。

まずは、シートとシートベルトを外し、フロント周り、リアシート周りのゴムマットを取り外します。助手席のフエルトマットは以前、雨漏り時に新調したので比較的綺麗だったのですが、運転席側はパリパリの酷い状態でした。

フロアは僅かに錆が浮いている部分がありましたが、問題無し。一応、錆を落として亜鉛塗料を塗っておきました。こびりついたフエルトも頑張って大体落として、まずは制振シートの貼付け。これは、全体の30%ぐらいの面積に貼ればその部分の制振が可能となっていますが、そんな程度では気休めかも。とは言え、貼った後に鉄板を手で叩くと、明らかに「カンカン」と言う高音質から低音質に変わっていました。


勿論、ハッチバック内も。フロント周りはこの上にシンサレート吸音シートとエプトシーラーを敷き詰め、ハッチバック内の内張(グラスファイバー製)には裏面に吸音シートを貼付けました。



結果は、なかなかのもの(プラセボ効果も入っていますが)。相変わらず低音は出ていますが、全体的に純正マフラーで巡航走行するときと変わらない程度に。でも、3500rpmを越えれば元気な音になりますが....

0 件のコメント: