2012/10/30

2012ヨーロッパツアー 7日目

いよいよ折り返し地点。もう、半分も過ぎちゃったよ〜。

本日の予定は、あのフランス国立自動車博物館(Cité de l'Automobile - Musée national - Collection Schlumpf)。ココをじっくり見学するために、宿はミュルーズから60 km程南東のロンシャン(Ronchamp)に取ったのです。


ご存知の通り、もともと繊維業で財をなしたオーナーが、クルマ道楽で破産するまでコレクションし、それを引き継ぎ国立博物館になったとか。元繊維工場を改装した博物館は外観も凝っています。

フランスの博物館なので、今までに聞いたことの無いメーカーのクルマや、メーカーは知っていても見たことも無いクルマがいっぱい。

で、圧巻はブガッティの多さ。

新旧、レース車両から市販車まで、あるはあるは...
1台億と見積もっても、幾らになるのか....
出るのは、溜め息のみ。
 
我がランチアも、ラムダとディラムダが。

古いルノーをクランキングでエンジン始動したり....(疲れました)
どの個体も良く整備がされており(一部にはパンクして空気の抜けた車両もありましたが)、良くコレだけのクルマを集めたものだとEと感心するやら呆れるやら。

ランチは博物館のカフェで済まし、再び見学。それくらい多いのです。日本だと、トヨタ自動車博物館のように、何階建てになるのですが、ココはフランス。広大なスペースがあるため、平面展示なのです。

デジカメのバッテリーが無くなるまで画像を取って、いい加減疲れ果てて、博物館を後にしました。

田舎の山間のホテル、Le Rhien Carrer Hotel-Restaurantが本日の宿。ココは、ジュラ地方の郷土料理がレストランで頂けるそうで....
お腹を空かして行くべきだったのですが、あまりに空き過ぎてランチを食べ過ぎた(反省)。それでもしっかり頂きました。アルザスワインとジュラワインも。
 

Cité de l'Automobile

4 件のコメント:

チャビンチ さんのコメント...

写真で拝見するだけでも
広大な博物館ですのぉ~!
凄すぎる!!

ちなみに......
アヒルちゃんもクランキング用に
クランク棒が【標準装備】されとります。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

KEI さんのコメント...

ハイ、アヒルちゃんの初期型もしっかり拝んで来ました。で、画伯ところは、クランク棒で始動したことあります?

フランス車もデザインが面白く、もっと日本で走っていても良さそうですが、マイナーですよね〜。

ぶーちゃん さんのコメント...

実は大学卒業時の春休みにストラスブールからここの博物館は行きました。スカイライン党だった当時の私には猫に小判でした(笑)

今、もう一度行きたいと思います。良かったらミルキーの時に写真見せてもらってイイですか?ただしお互いクルマの調子の良い時に(笑)

KEI さんのコメント...

ぶーちゃんさん、

一応、大体の画像はPicasaにアップして、リンクから見えるようにしました。