2008/12/10

冬の大分

と言えば、関サバに河豚。旨いんです。ホントに。

別府の温泉から雪化粧した由布岳を臨む


と言う訳で、食べ歩きツアーに行ってきました。ちょうど?ANAのマイレージが貯まっていたこともあって(でも、結局高い小旅行になってしまった)....

さすがに、朝の便は取れず、夕方の便で大分へ飛びました。雪の影響かフライトは少し遅れ、午後7時に到着。じゃぁ、晩ご飯は何にしようか。明日の夜は河豚に決めているので、やっぱりラーメンでしょってことに(笑)。

別府の「なべさんラーメン」へ。3年ぶりかな?
全然変わっていません。相変わらず、オヤジさんは店の弟子達を怒っているし。味もいつも通り。美味しくスープまで飲んでしまいました(完食するラーメン屋はココぐらいです)。

大分駅前のホテルに泊まって、翌日は別府地獄巡り&湯布院散策(K&Eは経験済みですが、今回は連れがいましたので)。地獄巡りを終えると、もう昼。

「昼は何にする〜?」
「だんご汁」これまた、大分名物。と言う訳で?湯布院の道の駅へ。
結局、私は「とり天定食」に。とり天も大分名物。どれも美味しく頂きました!

夜は予約まで取った河豚づくし。フルコース。もう食べきれないと言いながらも、しっかり食べました。刺身(結構分厚くペラペラの薄造りとは違うのです)、白子焼き、塩焼き、唐揚げ、鍋、雑炊と。もちろん、麦焼酎付きで(笑)。


翌日は、私は恩師のもとへご挨拶。Eはお買い物と別行動。
お昼は恩師と大学近くの蕎麦屋へ。大分赴任中に行ったことの無かったこの蕎麦屋、民家を改造したような作りで、ゆっくりと美味しい蕎麦が楽しめます。いろんな話に花を咲かせつつ、ざるそばに鳥めしが付いたものを頂きました(鳥めしも大分?名物)。

夕方、このグルメ?ツアーの締めくくりは大分空港です。ココにはお寿司屋さんが入っていて、本格的な寿司が食べれます。と言うことで、ちょっと早めの晩ご飯はお寿司。大分の魚介はホントに新鮮で旨い。で、当然?関サバのお造りと関アジの握りも。
やっぱりホンマもんは旨いよ〜。

わっはっは、関サバだ〜。一切れウン百円也。

と言う訳で、2泊3日、1.5kg体重増の旅は終わりました。

0 件のコメント: