2010/05/05

カットバルブ

一気に夏模様の気候になって、旧車には辛い季節が到来しそうです。それでも、この時期なら外気導入すれば結構しのげます。

ヒーターバルブからの水漏れを修理してから数年は、調節レバーを閉じればヒーターコアへの温水流入が止まって外気が導入出来たのですが、先日来、温水流入が止まらなくなって来ました。

ムッとした熱気が入ってくるのはキツいので、温水カットバルブを増設する事に。この手の対策はエアコンの効きが悪いデルタでも常套手段。

ヒーター流路にバルブを割り込ませて、水漏れが無いかチェックすれば終了。近所を一周してみると、久々に心地良い外気が入って来ました(渋滞では役に立たないけど....)。

0 件のコメント: