2013/03/02

冬の天橋立

こんな雪道を走って向かったのは、冬の日本海。
ふと思い立って、「そうだ、天橋立見に行こう」と。ふと思い立って行くには遠いのですが(笑)。

幸い、渋滞も無く京都を抜けて亀岡辺りからは雪。高速道路はチェーン規制のため入口でしっかり確認されました。まぁ、仕事は言え確認作業のオジさんたちは雪の中ご苦労様です。しかし、この状態をノーマルタイヤで走る奴の気が知れませんが....

すれ違うクルマの中にはサマータイヤにチェーンと言うのも多かったのですが、サスガに北向けはそんなことも無く、順調に...

駅中の観光案内所で情報を仕入れて、はじめに向かったのは天橋立ビューランド。JAF割引で切符を求め、モノレールで山頂へ。

ちょうど、雪が止んで冬の天橋立を股の間から。お決まりのポーズ!
しかし、寒い(当たり前)。

景色を堪能すると、お腹が空いてきたので(丁度お昼過ぎ)、智恩寺参道の蕎麦屋で道草。

寒い時は温かい蕎麦が....。この寒空でもEはざる蕎麦を注文。どちらもしっかりコシのある手打ち蕎麦が旨い。

お腹が満たされた後は、運動も。と言うことで?天橋立を歩いて往復(途中寒くて走りました)。雪が散らついたり、急に晴れ間が出たり。でも海沿いだけに風が強い。

さすがに往復もすれば、暫く天橋立はご馳走さん状態。
そこで次に少し足を伸ばして、伊根にも行ってみました。伊根は舟屋で知られる小さな漁港。何となくそんな舟屋を見てみたく(なんでも天橋立と伊根の舟屋がミシュランガイドに載ったとか)...

如何にも冬の日本海と言う景色の海岸線を暫く走って日出へ。ココから伊根湾遊覧船に乗って舟屋を海から見てみようと言うことに。

日出の遊覧船乗り場に着いたときには、既に時刻は15時20分。本日の最終便は15時30分。暫く待って「かもめ5号」に乗船(間に合って良かった〜)。

お客はK&Eの2人とカモメだけ。貸し切りです(笑)。
本当に日本海?と思う程、穏やかな湾内をゆっくり20分程で一周。
伊根湾は波が殆ど無く、岸から急に深くなっていることから、舟屋が作られたそうです。舟屋にはまるでガレージのように舟が入ります。何でも以前は道路事情が悪く、まさに舟がマイカー代わりだったとか。

こう言う日本の田舎の風景ってどうして「ホッ」とするのでしょうねぇ。

帰りは新名神が大渋滞。そこで何時もの様に国道1号に回って鈴鹿峠越え。ここでも吹雪で...
ところが自宅付近は星空。土山ー亀山間の方が雪が降るんだと実感しました。

0 件のコメント: