2013/03/24

2時間耐久カート大会

腹ぺこレーサーこと大賀くんと彼のレーサー仲間レオくんが主催する、カート大会に参加してきました。

我々のチームメンバーは、カート界のモントーヤ?を自負するフヂイ社長、エースの平ちゃん、Z乗りのIクンに私。レベルの高い二人の足をどこまで引っぱらないかが、勝利の鍵になりそうなチームです。
 
場所はモーターランド鈴鹿。以前、フヂエン企画の走行会でクーペフィアットで走ったコース。でも、殆ど憶えていない(笑)。で、レンタルカートはハラダカートサービスさんのもの。これまでレンタルカートで遊んでいるのは、桑名のレインボーで、車両が違います。
横方向のグリップがあまり無く、ハンドルを無理に切ると、フロントが滑ってブレーキング。ブレーキを残してコーナーに入るとスピンするし....

二人のエースドライバーがタイムを叩き出し、予選は2番手。まずますと思ったのもの束の間....

今回のカート大会は2時間耐久で、5回以上ピットインが義務付けられています。さらに、レース中にSCが入り、強制的にラップ差が縮められたり、色々(理不尽)なペナルティーも主催者判断で設けられたり。

グリッドに並んでいよいよ本戦。でもグリッド位置が変?
良く見ると、予選トップ3チームはスタートラインより前。ってことは?
ほぼ1周、始めからハンディキャップが付けられるというもの。

トップバッターを買って出たのはフヂイ社長。「全員ラップしたる!」と意気込んでスタート。有言実行に近く、コンスタントに54秒台のラップを刻んで、スタート20分後には2位に。

この後、Iクンの白線カットによるドライブスルーペナルティー+縄跳びや、SCで順位がグチャグチャ。初心者チームもいるので、速度差もあり、随所でスピンやコースオフも。

当然?私も何度もスピン(ダメです)。足を引っぱらないようにと焦ると、またスピンしたり、目の前で他車のラインがクロスしてスピンしたり...

終わってみると、エース二人の激走で予選と同じく総合2位。敗因は、予想外のペナルティーとエンジンリミッターが早めに掛かってしまうと言う車両ハンデ。まぁ、これがレンタルカートならではの面白さですが。

しかし、デフ無しの非力カートでスムーズにコーナーを抜けるのは難しいものです。如何にロスをせず、四輪の加重をどうコントロールするのか、奥が深いですねぇ....
もっと、修行せねば。

4 件のコメント:

まろん さんのコメント...

数年前からヤマハの2ストロークエンジンが使用禁止になり今はもう4ストロークエンジンだと思います
私は10年前のヤマハの2ストロークエンジンでレジャーカートしてました、レースは出なかったなぁ
やはりサスペンションが無いので挙動変化は加重移動が重要でしたね、さらにデフも無いのでタイトコーナーは3輪でコーナリングしてギアも無いのでプラグセッティング命だったし、昼食後に乗ってゲロ吐いた事もありました(笑)
関東の方でもサーキットが閉鎖してしまいまして近所に無くなってしまいましたので自然に乗らなくなりましたなぁ、まだ車両は持ってるんですけどね

KEI さんのコメント...

レンタルカートなので、トップスピードは無いですが、その分余計にロスしないように走るのが難しかったです。経験者なら簡単なのでしょうけど....

良い練習になるのですが、なかなか一人じゃ楽しくないし、こんなイベントが大助かりです。でも、へたっぴ〜だから、そのうちメンバー招集されなくなるかも...

grunge さんのコメント...

カート、本当に難しいデスよね…
経験者の背後に付いて、真似しようと試みたのですが、見様見真似が通用する筈はなく、技術的に無理でした。
練習有るのみですね。
一緒に、コソ練しましょう‼

KEI さんのコメント...

習うより慣れろ、ですね。
是非、コソ練誘って下さい!