2013/03/31

バイクシーズン到来

花粉症がピークに達すると、それはすなわち春真っ盛りなので、バイクシーズンの到来とも言えます。でも、実はうちの750RSは不動だったりして(笑)。

キャブのスロー系が詰まり気味なので、OHが必要なのですが、その前に前々からの懸案事項だったブレーキのメンテを行いました。純正フロントブレーキキャリパーのダストシールはキャリパーに取付けられたリングに被せます。ところが、このリングはスチール。キャリパーボディーはアルミなので、電食?のせいか錆びサビだったのです。OHごとに、リングに防錆剤を塗ったりシリコングリースを塗ったり対策をするのですが、根本的にメッキが剥がれているので錆は防げず、そのせいでダストシールに穴が開いたり....

久々に外してみると、案の定リングは錆、ダストシールも弾力が無くなって、ご覧の状態。酷いですねぇ。

で、このトラブルは「定番」なのか、とうとう?PMCからリングだけ発売。久々に見たオンラインカタログで発見し、直ぐに注文したのです。

リングはマイナスドライバーで少しずつこじれば取れます。綺麗に洗浄して、錆を落としてポリッシュを掛け、新品リングを組み込んで....

あれれ、買い置きしてあったダストシールが1個しか無いじゃん(爆)。

何事も事前の確認が重要です!

0 件のコメント: