2012/02/19

負圧は....

ツイーターを取り外して、吹き出し口を外すと、上から光軸調整レベライザーが見えます。負圧の配管にヒビ割れも無さそうだし、ってことは漏れているのはスイッチ本体。

レベライザーはどう外すのか良く分かりません。取りあえず配管を外すべく引っ張ってみたら、レベライザーごと内側に。パチンとハマっているだけでした。結局負圧パイプは簡単には外れず、ニッパで切り落とし(笑)。

レベライザーを観察してみると、空気の流れはワンウェイ。で、ダイヤルを回しても何も変化無し。適当なパイプを取付けて口で拭いてみると、やっぱりレベライザーから漏れ漏れ。

恐らくこのレベライザーだけなら大した金額ではないでしょう。でも、普段から全くこの調整機構を使っていないので、無視することに。切り落とした負圧パイプ二本を耐圧シリコンホースで繋いで一件落着。

序でに、エンジンルームのくたびれた負圧パイピングの一部も耐圧シリコンホースに置き換えて....

すると、思わぬ効果も。

以前よりアクセルをかなり踏み込んで加速するとメーター近辺で「カタカタカタ」と音がしていたのですが、消えました。同じく負圧で制御されているドアロックの動きが少しだけ早くなったような。さらに何だか加速が良い。

随分前から少しずつ負圧漏れが起きていたようで....

0 件のコメント: