2012/02/11

ルーフライニング修理1

残念な状態のEのC240T。ルーフライニングの内装を張り替えるため、まずは取り外し。でも、コレが大変で....

ネットを探ると、DIYで直されている方が手順をアップされています。それらを参考に作業を進めたのですが、問題はサンルーフ周り。これが探しても出て来ないの、取付け構造を解明しつつの解体作業。

手順覚え書き
1. グリップバー(oh shit bar)を取り外す(メクラ蓋を外し、+ネジ×2)
2. サンバイザーを取り外す(+ネジ×3)
3. ルームランプユニット×3を外す(−ドライバーでこじる)
4. 荷室ネット固定金具を外す(六角ネジ)
5. リアゲートのウェザーストリップを上部半分外す
6. 最後部のパネルを外す(プラスチックピン×4)
7. リアサイドピラーカバーを外す(プラスチックピンと金属クリップ)
8. 各ドアのウェザーストリップを上部半分外す
9. 後部座席シートベルトの固定ネジを外す(17mm)
10. 後部Cピラーカバーを外す(金属クリップ×4)
11. 前部Cピラーカバーをずらす(金属クリップ×4)
12. フロントAピラーカバーを外す(金属クリップ×3)
13. ルームミラーを外す(力一杯下に引っ張る)
14. ルームミラー取付けベース金具を外す(+ネジ×3)
15. サンルーフをリフトにしてゴム蛇腹を抜く
16. サンルーフを全開にして黒レールを抜く
17. サンシェードを車外に引き抜く
18. ステンレールを外す(+ネジ×4、3本はタップビス、1本はM5?)
19. ルーフライニングのサンルーフ部枠にある金属爪を押し込んで下に外す(左右4箇所)
20. ルーフライニングを荷室から前方に押す
21. 外れたルーフライニングを荷室から車外に引き抜く
22. サンバイザーマウント部をルーフラインイングから外す
23. ルームランプ取付け金属枠を外す

悪戦苦闘の結果、2時間かけて抜きました。ルーフライニング中央部には金属フックが接着してあり、コレがサンルーフが全開の時に仕舞い込まれる構造物に引っかかって取付けてあるのがなかなか分からず、ルーフライニングを抜いた時には金属フックが外れていました。まぁ、もともとボンドで貼付けてあっただけなので、新たに接着してOKでしょう(見えないところだし)。

でろーん。内張を引き剥がし、残ったウレタンスポンジはワイヤーブラシで清掃。

新たに貼るクロスは、サンシェードを修理した時に購入したもの。サンシェードはグラスファイバーの板に布が張ってあったので、手軽に木工ボンドで接着しましたが、今回は範囲が広いし、完璧にウレタンが取りきれないので、合成ゴム系のボンドで接着することに。なので、スプレーボンドを買いにホームセンターへ。当然作業は中止。

買い出しは久々にフルヴィア・スポルトで。3週間ぶり?
イグニッションをONにしてスターターを回すと、バッテリー放電気味で....
でも、無事に始動でき、お買い物へ。ついでに近所を一回りして調子見がてら充電を。

調子に乗って走り回っていたら、夕暮れになってしまいました(笑)。

C240Tの作業は後日に....

0 件のコメント: