2012/01/15

シーズンイン!

今シーズン初滑りは、白馬五竜。滑るのがメインなのか食べるのがメインなのか....?

時間が時間ですが、こんなに空いている中央道

五竜に行く時に必ず泊まるのが、Albergo il Bosco。なぜって、木の温もりに包まれた宿で、行き届いた気遣い、そして、ディナーはイタリアンフルコース!
田中館無き今、白馬の定宿として利用させていただいております。

で、いきなり1日目のディナー(スキーは....?)

本日のメニューはこの通り。でも、大根がアレルギーで食べられないEは別のprimo piattoになるハズ。さて、今日は何を食べさせてもらえるのでしょう、と選んだワインはコチラ。

コレは通常メニューには載っていないオーナーシェフ、コウキさんのお勧めの1本。YUMEと言う名前ですが、D'abruzzoを使ったイタリアらしいワイン。いやぁ、旨かったです。

ワインを飲みつつ、まったりと待っているとまずサーブされたのはスープ。

人参のスープ

スープですがミルク分が少なくドロッとしていて人参の存在感がたっぷり。これまた旨い。
次は前菜。

鹿肉のテリーヌ、焼き南瓜、椎茸&焼きネギ、トマト牛蒡、法蓮草のキッシュ、チーズ

フォカッチャはいつもの様に外はサクサク、中はしっとり。オリーブオイルとの相性も抜群!

primo piattoの1つ目は、野沢菜のパスタ。野沢菜は普通の漬け物ではなくピクルスっぽく洋風に漬けたものを使われており、隠れた酸味がアクセント。因に普通の野沢菜漬けを使うと、出しの風味が勝ってしまうとのこと。

2つ目はメニュー通りのそば粉のタリアテッレ、カルボナーラ。コチラはスタッフとして修行中?の里さんが仕上げたそうで。クリーミーさが絶品でした。

で、second piattoがコチラ。これまたメニューとは違います。

蓼科牛のココット煮。炭火焼は以前にも食しているので、違った形でアレンジしてくれたのです。こう言った気遣いも嬉しいモノです。もちろん、味は抜群。

大根のように見えるのはヤーコン(キク科)。食感は大根に近いのですが甘みがあって、スープの甘みもヤーコンのみだそうで。お肉はホロホロ、野菜はしっかり歯ごたえがある、良い感じの仕上がり。

普通の宿からすると、かなりの量ですが、美味しいので余すこと無く平らげて、当然デザートに。

今年から始まった?ホットワイン。ヨーロッパの冬の風物詩。当然?Eが注文して...
コレが、めちゃ旨。

「良いワイン使ったでしょう?」と聞くとコウキさんは苦笑い。

テラミス

チョコラータ

美味しく、楽しく食べていたら、2時間以上も....
ホントに、スキーに来ているのか太りに来ているのか分かりません(笑)。

オーナーシェフのコウキさん、遅くまでご苦労様!

2 件のコメント:

takepiyo さんのコメント...

いいなー
連休はゲートトレーニングしてました。
ちょっとほめられたし
よしとするか、

年末年始~連休にかけてやせました。
ベルト一穴分

eri さんのコメント...

今回も美味しかったよ〜 (^.^)v
スゴいね!!どんどん上達していくよね〜
3月にはご指導の程よろしくです!
あっ体力増強しておくからね???

ベルト一穴分って、スゴくない???
多分K&E、ベルト一穴分増えてるよ...