2013/01/19

iPhoneが....

壊れました。

それはニセコでスキーを楽しんでいる最中に起きました。
レストハウスに入って、その直前に撮った動画を確認しようと、ホームボタンを押すと画面は真っ黒。

「あれれ、低温でバッテリーが無くなった?」(外気温は-8℃)

暫く温めて、再チャレンジも空しく....

マナースイッチを入れると、バイブがブルっ。ってことは電源は入っているのに画面がダメ→液晶がダメ?

スキーの最中は、iPhoneは胸のポケットに入っており、そんなに無茶をしていないので衝撃ってことは考え難い。とは言え、以前に歩道を歩いている時に手を滑らして落とした事がありました。そのときは、幸い?真っすぐ落ちて、ガラスも割れず、変形もしなかったのですが、直後は電源が落ちてしまいました。しかし電源再投入後は全く問題なく使えていたので、気にしていなかったのですが、ココに来て....

ホテルに戻ってネットで調べると、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しすると、リセットが出来ると言うことなので試してみると、何度かのリセットで見慣れた画面が。

ところが、ガラスパネルの上部隅を押さえると、まるで「ちびまるこちゃん」の 「ガ〜ン」状態になってコントロールが出来なくなります。FBでこの件をつぶやいたら、イタリアのAlbertoが、「それは結露かも」とダメ出しを。

こう言う時に限って、Appleの初期1年保証が数日前に切れており、自前で修理するしか手は無し。

北海道から帰宅後、状態はさらに悪くなり、頻繁にブラックアウトする液晶。やっぱり修理するしかないので、いろいろ調べてみると....
1. Appleに修理に出す→当然正規料金で高く内部は完全にリセットされるが安心
2. 修理業者に出す→持ち込めばその場で1時間程度で修理してくれるらしく価格も安い
3. 自分で修理する→専用のドライバーが無いと筐体を分解出来ないしリスキー

Macとはカラクラ、LC575からの付き合いで、トラブルがあるたびに自分で分解修理改造をしてきた者としては、3番の選択肢に惹かれますが、完全に壊してしまうリスクを考えて2番をチョイス。

あいさぽと言うところにお願いしました。HPにあるフォームで問い合わせると、「フロントパネル(ガラス・デジタイザー・液晶パネルセット)の損傷・故障」だろうとことで、宅急便の送料込みで7700円。

手元を離れて3日で戻ってきました。まぁ、これを安いとみるか高いと見るか...
でも、直って良かった〜。これからは落とさないように気を付けよう(笑)。

0 件のコメント: