2005/06/16

ありがたいことです〜

今日は朝から上天気!でも午後からは雲が出てきてしまいました。

午前中Kさんが来てくれて、そのお見送りに出て行ってまた立ち話を。
そして同じアパートのマダム達も立ち話を。

EはKさんと分かれ中に入ろうとすると、、、

マダム達「オランダ語話せる?」
E 「ごめんなさい、話せません。分かりません」

でも何か一生懸命教えてくれようと説明してくれます。
余談ですが、、、いつも、いつも、このマダム達とっても優しいんです。目が合うとお部屋から手を振ってくれたり、Eがオランダ語分からないのに微笑みかけてくれて、話しかけてくれて。
何でもこのマダム達の一人、お嬢さんが日本人と結婚されて日本に住んでらっしゃるようなんです。かつてはベルギーに住んでいらしたとか。
と言うのも先日、「これ知ってる?」
と見せてくれたものは、ゆうパックの空箱!!! で、そのことを教えてくれました。

そして今日も、、、

「アッハト ユーロ ブザー フレイダッハ モルヘン ドンデルダッハ モルヘン フレイダッハ、、、、、、、」

もっときちんと話されてるのですがEにはこれだけしか聴き取れません。
で一生懸命推測。

「8ユーロ(これ間違い!後で気付く)、だれかがブザーを押す? 金曜日?」
と繰り返し、でも困惑は隠せず。

そしたら道行く若者に話しかけ、「オランダ語話せる?」と尋ねてくれる。
もし、話せたら通訳をお願いしようとしてくれたのでした。
そしたらその若者も「 Nee 〜〜〜」 (えっ!でも、これダッチじゃん!でも、Eもそれくらいは言えるかっ)

そしたら、そしたら、今度は「あっ名案が浮かんだ!」( <- あくまでもそういう雰囲気です!)
部屋の中のセントラルヒーティングのダイヤルを指差し何かまた説明をして下さいます。

「金曜日に点検の方がいらっしゃるの?」と英語で尋ねると、、、

「Ja〜〜」とのお返事。(英語は話さないけど理解はされるんだぁ〜素晴らしいぃ〜うらやましぃ〜)

「金曜日には出かけずに、ここに居なければいけないんですね?」とまた英語で尋ねると、、、

「Ja〜〜」とのお返事。(またまた感じる、英語は話さないけど理解はされるんだぁ〜素晴らしいぃ〜うらやましぃ〜)

「何時に来て下さるの?」とオランダ語まじりの英語で尋ねると、、、

「アッハト ユーロ 」

ここでやっとEは自分の間違いに気付くのでしたぁ。

× 8ユーロ
○ 午前8時

8ユーロなら、アッハト オイロ?ウイロ?発音分からないぃ〜

モルヘン(これも正確な発音が分かりません!)は、朝、明日の意味。(多分!間違ってたらごめんなさい!)
「アッハト ユーロ ブザー フレイダッハ モルヘン ドンデルダッハ モルヘン フレイダッハ、、、、、、、」
は、「金曜日、明日は木曜日でしょ。その次の日の金曜日にね、朝の8時に訪問者があるからね、、、、、」


とってもありがたかったです。
1年半近くも居て、オランダ語(フレミッシュ)を勉強していないEが悪いのに、一生懸命貴重な時間を割いて教えて下さったのです(涙、滝涙がぁ〜)。
ご近所さんが良い方ばかりで良かったなぁ〜〜〜〜〜

0 件のコメント: