2004/09/20

【9月18日】 土曜 晴れ
     Noerdlingen(ネルトリンゲン)--> Dinkelsbuehl(ディンケルスビュール)--> Wuerzburg(ビュルツブルク)

今日は頑張りましたぁー。7時前に家を出ることができました。(でも、自分の中ではもう少し早く出るつもりだったのですが、、、)

先ずはネルトリンゲンへ直行!

ネルトリンゲンは、1500万年前、リース盆地に隕石が落下しその窪地にできた町なんだそうです。
町を囲む城壁は綺麗に残っておりました。ほぼ完璧に当時の形を維持しているそうです。そのに登ることも歩くこともできました。

町へ入ろうとしたらどこも車両進入禁止!?
そう、お祭りだったんです!
確かに観光局のイベント情報を見ると、9月〜10月辺りに『中世の様子を再現した城壁歴史祭り。(3年に1回。次回は2004年)』とは書かれていたのですが、それがまさか今日だったとは。。。(いや、その祭りだと確認できた訳ではないのですが、、、想像?!)

中世の装いをした老若男女!ステキです!みなさんそのような衣装や道具を持ってみえるのですねっ!

先ずは街並を眺めてみよう!と聖ゲオルク教会の鐘塔ダニエルへ登ってみました。常々運動不足の E は息を切らせながら、、、
途中から階段は石から木に変わるのです!ギシギシ鳴りながら、隙間からは日の光が差し込みながら階段は塔の最上まで続きます。
塔からの眺めは、こんな感じこんな感じです。いい汗かきましたぁ。

町の中を歩いていると昔(中世の頃)の道具があちこちに展示されています。
ジャーマンソーセージの焼ける良い匂い、ビール、スープ、ピザのようなパン。見る物、見る物食べたくなります。(食べましたぁ。飲みましたぁ。)ピザのようなパンはその場で生地を練っていて、焼きたてです。酸味のきいた生地とトッピングのネギとチーズ、美味しかったぁ〜。陶器、革製品、木製品、石、切り絵のおじさん、、、、

そうこうしているとパレードが始まりました。
さっきまで展示されてた道具や中世の装いの人々、、、みなさん勢揃いです。
ブラスバンドを挟んで中世の生活の様がパレードでやって来ます。みなさん楽しそうでした。特にご高齢の方々が、、、
私達も楽しかったです。

今日の予定は、ローテンブルクまでロマンチック街道を寄り道しつつ走り、あとはアウトバーンでビュルツブルクへ上がる予定でした。が、ネルトリンゲンで思わぬお祭りに遭遇したため予定変更。
とりあえず、ディンケルスビュールも『ロマンチック街道の宝石』と書かれているのでそこまでロマンチック街道を走ってみることに。(ロマンチック街道って標識に日本語で書いてあるんですよっ!)

ディンケルスビュールも外壁の残る町です。市立公園(多分)の駐車場に車を停めマルクト広場へ。聖ゲオルグ大聖堂をちらっと覗き、ドイチェスハウスを眺め、外壁沿いを歩いて市立公園を通って再び駐車場へ。
静かぁ〜な街(旧市街)でした。でも、観光バスはちょこちょこ入ってきていました。

そしてやっとビュルツブルクへ到着。
ホテルはマイン川沿いのマリエンベルク要塞や旧市街を見渡せるところに建っていました。斜面一面に広がるブドウ畑もすぐ目の前でした。

夕食、美味しかったですよ!
K のポーク、それの付け合わせがシュペッツレだったのですがポークのマッシュルームソースをからめるとこれまた美味しい!
E は肉類が苦手なのですが、特にポークはニオイが、、、でもこれは美味しかった。ニオイは全然なく柔らかくって。また食べたいよぉ〜。
デザートのザッハトルテも久々のケーキといった感じでとても美味しかったでぇ〜す。



【9月19日】 日曜 曇り時々雨、のち晴れ
     Wuerzburg(ビュルツブルク)--> Rorthenbrug(ローテンンブルク)--> Leuven

ここのibis新築とあってすごい人(いや、新築でなくってもすごい人なのかなぁ?)。朝食はレストランが満席でバーで食べました。

朝起きた時には上天気だったのですが、あっと言う間に雲が出たきて小雨がぱらつき始めました。
10 時過ぎ、ちょっと遅めの出発となり先ずはレジデンツへ。

レジデンツは18世紀に領主司教のために建てられた宮殿です。ユネスコ世界遺産にも登録されています。

さて、レジデンツの入り口には「ただいま満員のため入場できません。」と日本語で、、、
入れるのかなぁ〜?と待ちながら無事入場!
中は写真撮影禁止だったので画像はないのですが、庭園の間、階段の間、白の間、皇帝の間、鏡の間、フレスコ画、、、、、家具のようなトイレ!驚き、感動、、、ガイド付きだったので解説が聞けて楽しかったです!

あとは旧市街を少し散策して、アルテマイン橋からマリエンベルク要塞旧市街を。

次なる場所はローテンブルク。
着いたのは1時を過ぎていたので、からくり時計とやらは見逃してしまいました。
先ずは腹ごしらえ。
また懲りずにジャーマンソーセージとフランケンワインを、、、美味しかったぁ〜。
そしてデザート?にと名物と言われる Shneeball(シュネーバル)を。シュネーバルは一見シュークリームを大きくした感じで球形をしています。そのボールをつくっているのは全てクッキーのようなもの。表面はチョコがコーティングされていたり、ナッツがトッピングされていたり様々です。美味しかったけれど食べごたえがありました。1日以上かかったかな?

ここでも市庁舎の塔に登ってみました。ここもまた途中から木の階段で、急で、最後は極めつけでした!(行かれた方はご存知ですよねっ!)どこかであの手の階段を経験した気がするのですがどこだっただろう?
でも、それだけ苦労するかいはありますよ。。。。

あとはケーテ・ウォルファルトに寄ってお香人形を買ったり、ワインを買って、散策して終了でした。

もう1カ所バート・メルゲンハイムにも寄るつもりだったのですが時間切れ!

楽しい2日間を終了し帰宅の途に付きました。


写真はこちらを、、、ネルトリンゲンディンケルスビュールビュルツブルクローテンブルク

0 件のコメント: