2005/05/21

Wort

は4月に生まれたVeerleの赤ちゃんの名前。今日はラボのみんなでVeerleのお宅へお祝いに行ってきました。彼女の家はアントワープ郊外にあって、ルーバンからはクルマで30〜40分の距離。でも、金曜日と言うことで渋滞が起こるだろうからと、早めにラボを出ました。

ザベンテムで渋滞があったものの後は順調。ほぼ、予定通り到着。Leentjeが扉をノックするとVeerleがWortを抱いて登場。まだ生まれてから5週しか経っていないのに、しっかりとした顔立ち。やっぱり西洋人の赤ちゃんは小さくても鼻が高い。得ですねぇ〜。

おねぇちゃんになったSaraは2階で寝ていたのですが、そろそろ起こす時間だとVeerleが起こしに行っている間、Wortを抱っこしました。いやぁ、赤ちゃんの体温ってホントに高い。ので、暑い(笑)。ちょっとしゃっくりが治まらずご機嫌ナナメ気味でしたが、やっぱり下の子と言うのは手がかからないのですね。摩訶不思議な東洋人に抱っこされても泣きません。

そうこうしているうちに、Saraが登場。初めは照れて大人しかったのですが、我々が帰る頃には...
Saraにもやはり東洋人は不思議に映るのかな? かなりジロジロ見られました。でも、手を差し伸べると、ニコニコしながらもっていたリンゴジュースを「アストブリッ』と言って手渡してくれました。

ホントにお人形さんみたいに可愛い。どうして、こんなにも東洋人と違うのでしょう....

0 件のコメント: