2004/10/21

Jack-O'-Lantern

雨、曇り、晴れ。

今日は2回目のICCの日でした。

今日のICCのテーマは『ベギン会修道院の歴史について』でした。
当時の状況から現在に至るまでの歴史について、分かりやすくお話いただいてました。
お話のあとは、もと療養所と教会を見学して解散でした。

ICC Lady の一人がお手製のケーキを持ってみえてたのですが、とても美味しかったです!
レシピを教えていただけるとおっしゃってみえたので、是非、入手したいと思っています。

そして今日は、オランダからオランダ在住の Aちゃんも特別参加でした。
時間の流れは速いもので、つい先日会った気がしてたのにもう3ヶ月も経ってたんですね!久し振りの再会でした。
おまけに日本食材もたくさんいただいてしまって、ありがとうございました。
また、遊びに来て下さいねぇ〜。

そのあとは、Nさんが “Jack-O'-Lantern”の作り方を教えて下さるとのことで、Sさんのお宅へおじゃましました。
Sさんのお宅へは、大人8人、子供9人が集合。
子供達、それぞれに個性があり見ていて楽しかったです!
Sさんのチーズケーキ、Kさんのカステラ、Tさんのアップルパイ。全部お手製です!
みなさん、素晴らしいぃ〜。

“Jack-O'-Lantern”とはハロウィーン提灯のこと。
ハロウィーンは、万聖節(ばんせいせつ)の前夜祭。もともとは古代ケルト人の宗教的行事で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭りだったそうです。
アメリカではメジャーな行事なのですが、ここベルギーではそういうわけではありません。
ただ、お店や、個人のお宅でもお宅にによっては飾り付けをされたりしてるお宅もあります。

で、こんなのが出来上がりましたぁ〜。

0 件のコメント: