2005/04/16

プジョーのエアコン

がまたお亡くなりになっています。何時頃か、たぶん、1月初めに何となくACスイッチを入れたらアイドリングが変化しない。あれれっと思いチェックしてみるとまたまたコンプレッサーが回っていません。ってことはガス抜け?

このところ陽気が良くなってきてぼちぼちACを直しておかねばと思い始めました。で、いつも行くAuto5に行って「ACのガスチャージって出来ますか?」って聞いたら「できるけど時間が掛かるよ。で、料金は99ユーロ」
99ユーロって何? 真空引きしてガスチャージするだけでしょが。作業としては30分ぐらいだし、代替フロンもそんなべらぼうな値段はしないはず。

その時は「今日は時間がないから」と取り合えずお断り。で、困った時はいつものJunior Motors。早速電話してみると少しあきれ笑いしながら「Tell me, I will help you.」

早速以前もお願いした修理屋さんに連絡を取ってくれて、「1年も経たないうちにトラブルなら間違いなくガス漏れ。漏れ箇所を探すために最低2日はクルマを預からないと」だそうで。Juniorに「代車って借りれる?」って聞いたら、OKとのこと(めちゃくちゃヤサシい)。

入庫ついでにタイミングベルト交換とブレーキフルードの交換ぐらいやってもらおうかな。結局1年間で約3万キロ走ってしまった(笑)。

2 件のコメント:

コンドウ さんのコメント...

お久しぶりです。
エアコンはガス漏れで済みそうですか?
ウチの206はコンプレッサーがカタコト言いはじめているので・・・(^_^;)
この夏は何かいいドーピング物でも、と考えていたところでした。
タイベル&ウォーターPは一年ほど前にウチも交換してます。
日本ではその耐久性が悪い点の話題によくなりますが、EUとの気候や環境の違いという話でカタずいてしまうことが大半です。
現実としてはEUでも交換は頻繁にするものなの・・・ かな?

KEI さんのコメント...

ど〜も。
ガス漏れで済んでほしいですね(笑)。

タイベルは前のオーナーは無交換だったので、11万キロ超えまで無交換で来ていますね。一応取扱い説明書には12万キロで換えろとなっているので、ぼちぼち時期かなと思っています。
デルタとかでも2万キロ毎などと言うようなサイクルでは誰も換えていませんから、気候と走行環境かなと思います。こちらは多いヒトは年3〜4万キロ、少なくても1〜2万キロ乗るんですが、オイルでも年に1〜2回の交換だし...
でも、足周りのブッシュやアブソーバーは皆さん結構換えています。