2004/08/26

旅行記 その12

8/25 Valladolid-Altamira-Bilbao 晴れのち曇り&雨 本日の移動距離 約385km
連日の長距離移動でやや疲れ気味。今日は予定を少し変更して移動距離を減らしました。まずはバリャドリッドのサンパブロ教会国立彫刻美術館。でも、美術館に入りたい訳でなく外観を見たかったのです。ところが、改修工事の真っ最中。残念ながら綺麗なプラテレスコ様式の建物は見れませんでした(トホホ)。

次はブルゴス。ブルゴスのカテドラルは世界遺産に登録されている代物。これは見逃せません。運良くシエスタ直前に入場する事ができました(間一髪10分前)。スペインではシエスタに注意しないと、その時間帯は何もできなかったりします。中には幾つも様式の違った祭壇があり、ベルギーにある教会とは一味も二味も違うものでした。

もう一つ見たかったものが壁画。スペインと言えば世界史をかじった人なら聞き覚えのあるアルタミラ洞窟壁画。フランスのラスコーと並んで有名です。本物はもう見れなくなったそうですが、精巧なレプリカが見れると聞いて向かいました。山越えをして海岸線に近づくと、天候は一変し曇り&雨。気温も一気に下がって20℃前後。スペインと言えども南と北では大違い。まぁ、500kmぐらい違うから当たり前と言えば当たり前。それと、大西洋と地中海の違いも...

アルタミラに着いた時には午後4時。まだ間に合うのか??

間に合いませんでした(笑)。
なんでも、1日に入れる人数に制限があって、午前中で切符は売り切れたそうです。そんなことなら、予約するんだった(でも、到着時間が未定じゃ予約もできないけど)。
一応、入り口までいって中を覗いておしまい。

う〜ん、やっぱり予めリサーチは必要です。

0 件のコメント: